• HOME
  • 会員専用

ホーム > 会長あいさつ

会長あいさつ


小野 剛     自治医科大学は深刻な医師不足に悩むへき地等の医療の確保と向上及び地域住民の福祉の増進を図るために1972年(昭和47年)に設立されました。1978年(昭和53年)に1期生が卒業し現在まで41期4,252名が卒業しました。卒業生は「医療に恵まれない地域の医療を確保し、地域住民の保健・福祉の増進を図るため、医の倫理に徹し、かつ高度な臨床的実力を有し、更に進んで地域の医療・福祉に貢献する気概ある医師を養成するとともに、併せて、医学の進歩を図りひろく人類の福祉にも貢献する」という建学の精神を体現して日本全国で活躍しています。
    自治医科大学同窓会は1978年(昭和53年)に発足し今年で40周年を向かえることができました。その間、4名の歴代会長がリーダーシップを発揮され、同窓生の親睦を深めるだけではなく学生教育への関与、学生や卒業生への支援、地域で活躍する卒業生の顕彰、東日本大震災や熊本地震等での災害支援活動などを積極的に行ってきました。
    今後は、これまでの事業を継承しつつ、増加傾向にある女性会員が学び働きやすい環境づくりのサポートも行いながら、多様な分野で活躍する会員の皆様とのつながりを大切にし、会員の心の拠り所になれるような温かい同窓会組織を作り上げ、50周年に向けて次世代へバトンを渡していきたいと考えています。 ホームページをご覧いただき、ご意見をいただければ幸いです。


自治医科大学医学部同窓会
会長 小野 剛