本文へスキップ
自治医科大学TOP 医学部TOP 医学研究科TOP

業績NEWS&FAQ

原著論文 2015~2017

2017

Kimura, A., Ohmori, T., Sakata, A., Endo, T., Inoue, H., Nishimura, S., and Takeshita, K. Hemostatic function to regulate perioperative bleedingi in patients undergoing spinal surgery: A prospective observational study. PLoS One 12, e0179829, 2017

Ohmori, T., Nagao, Y., Mizukami, H., Sakata, A., Muramatsu, SI., Ozawa, K., Tominaga, SI., Hanazono, Y., Nishimura, S., Nureki, O.,and Sakata, Y. CRISPER/Cas9-mediated genome editing via postnatal administration of AAV vector cures haemophiloa B mice. Scientific Reports 7, 4159, 2017

Hayakawa, M., Hayakawa, H., Petrova, T., Ritprajak, P., Sutavani, R. V., Jimenez-Andrade, G. Y., Sano, Y., Choo, M. K., Seavitt, J., Venigalla, R. K., Otsu, K., Georgopoulos, K., Arthur, J. S., and Park, J. M. Loss of Functionally Redundant p38 Isoforms in T Cells Enhances Regulatory T Cell Induction. The Journal of Biological Chemistry 292, 1762-1772, 2017

2016

Hayakawa, H., Hayakawa, M., and Tominaga, S. Soluble ST2 suppresses the effect of interleukin-33 on lung type 2 innate lymphoid cells. Biochemistry and Biophysics Reports 5, 401-407, 2016

2015

Ohmori, T., Mizukami, H., Ozawa, K., Sakata, Y., and Nishimura, S. New approaches to gene and cell therapy for hemophilia. Journal of Thrombosis and Haemostasis : JTH 13 Suppl 1, S133-142, 2015

Nishimura, S., Nagasaki, M., Kunishima, S., Sawaguchi, A., Sakata, A., Sakaguchi, H., Ohmori, T., Manabe, I., Italiano, J. E., Jr., Ryu, T., Takayama, N., Komuro, I., Kadowaki, T., Eto, K., and Nagai, R. IL-1alpha induces thrombopoiesis through megakaryocyte rupture in response to acute platelet needs. The Journal of Cell Biology 209, 453-466, 2015

2012~2014
2009~2011
2006~2008      
2003~2005
2000~2002
~1999

和文総説 2015~2017 

2017

大森司血小板機能異常症.In:小澤敬也,中尾眞二,松村到 編,【血液疾患最新の治療 2017-2019】,東京,株式会社南江堂,(印刷中)

齊藤洋大森司血小板機能異常症.臨床検査,2017; 61:146-150

2016

齊藤洋大森司血小板の運命を司るクリアランス機構.日本血栓止血学会誌,2016;27:547-552

大森司遺伝子修復.Frontiers in Haemophilia,2016;3 (2): 77-88

大森司,羽藤高明,横山健次.【Hot topics】血小板.日本血栓止血学会誌,2016;27 (1):91-94

大森司出血傾向 【内科診断の道しるべーその症候,どう診る どう考える?】.medicina 2016;53 (4):56-60

大森司. 出血・血栓傾向のみかた.In:神田善伸 編,血液科研修ノート2016,東京,診断と治療社,p90-94

大森司.  Ashwell-Morell受容体を介した血小板数調節メカニズム.In:高久史麿,小澤敬也,金倉譲,小島勢二,矢冨裕 編,Annual Review血液2016,東京,中外医学社,p162-168

鴨下信彦,為本浩至,富永眞一高濃度サリチル酸ナトリウムを使用したウレアーゼ・インドフェノール法による尿素窒素の定量:学生実習への使用.臨床検査,2016; 60 (7): 790-795

大森司DIC.In:門脇 孝,小室一成,宮地良樹 編,【日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE2016-2017】,大阪,株式会社メディカルビュー社,2016,pp453-457(印刷中)

大森司血友病.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司血友病に対する止血療法.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司血小板機能異常症.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司特発性血小板減少性紫斑病.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司VON WILLEBRAD病.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司血栓性血小板減少性紫斑病・溶血性尿毒症症候群.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司ヘパリン起因性血小板減少症.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司抗凝固薬・抗血小板薬.In:小澤敬也,坂田洋一,神田善伸 編,【血液内科ゴールデンハンドブック 第2版】,東京,南江堂株式会社,(印刷中)

大森司出血傾向.In:矢崎義雄 総編集,【内科学 第11版】,東京,朝倉書店,(印刷中)

2015

大森司ゲノム編集技術の概要とその可能性.日本血栓止血学会誌,2015;26:534-540

大森司凝固異常へのアプローチ【特集 血液疾患】.Hospitalist,2015;3(4):907-919

大森司播種性血管内凝固症候群(DIC)の診断と治療【血液疾患〜基本知識と診断の実際】.レジデント,2015:8 (11);65-72

大森司抗血栓療法と血小板機能検査:臨床効果を反映する検査指標はあり得るか.【抗血栓療法の最近の動向】.Pharma Medica, 2015;33 (5):27-32

大森司播種性血管内凝固症候群.In:山口徹,北原光夫 編,【今日の治療指針 2016】,東京,医学書院,p724-726

大森司播種性血管内凝固症候群.【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】.臨床雑誌「内科」,2015;115(6):1311-1314

大森司血栓性血小板減少性紫斑病.【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】.臨床雑誌「内科」,2015;115(6):1318

大森司先天性出血病の遺伝子・細胞治療.In:一瀬白帝,丸山征郎,家子正浩 編,新・血栓止血血管学,京都,金芳堂,2015,p91-98

大森司凝固因子,インヒビター.【これだけはしっておきたい検査のポイント】medicina 52 臨時増刊号,2015;52:110-111

大森司血小板活性化マーカー.【これだけはしっておきたい検査のポイント】medicina 52 臨時増刊号,2015;52:84-86

大森司出血時間・毛細血管抵抗試験.In:三橋知明,和田攻,矢崎義雄,小池和彦,小室一成,臨床検査ガイド2015-2016,東京,文光堂,p590-594

大森司血友病治療の進歩-遺伝子治療と薬物療法.In:高久史麿,小澤敬也,坂田洋一,金倉譲,小島勢二 編,Annual Review血液2015,東京,中外医学社,p262-269

大森司抗血栓薬.In:日本血液学会 編,【血液専門医テキスト】,東京,南江堂,2015,p79-82

大森司先天性血小板減少症・機能異常症.In:日本血液学会 編,【血液専門医テキスト】,東京,南江堂,2015, p393-395

大森司播種性血管内凝固症候群(DIC).In:金澤一郎,永井良三 編,【今日の診断指針 第7版】,東京,医学書院 2015,p1165-1168

2012~2014
2009~2011
2006~2008      
2003~2005
2000~2002
~1999     

学会発表 2015~2017

2017

Hayakawa, H., Hayakawa, M., Ohmori, T., Tominaga, S.:Relevance of type 2 innate lymphoid cells in gender differences of asthma.CYTO2017,32nd Congress of the International Society for Advancement of Cytometry, Boston,U.S.A., June 10-14, 2017

Hayakawa, M., Hayakawa, H., Ritprajak, P., Jimenez-Andrade, G. Y., Sano, Y., Choo, M. K., Park, J. M.:The role of p38 MAP kinase in allergic diseases.CYTO2017,32nd Congress of the International Society for Advancement of Cytometry, Boston,U.S.A., June 10-14, 2017

2016

大森司,西村智,富永眞一Forkhead box転写因子Foxf1aは血小板インテグリンの発現・機能に関与しない.平成28年度 日本生化学会関東支部例会,栃木,2016年6月11日

Hayakawa, M., Hayakawa, H., Nakae, S., Tominaga, S. : Role of interleukin-33 in acute inflammation (急性炎症におけるインターロイキン-33の役割). 第39回日本分子生物学会年会,横浜,2016年11月30日ー12月2日

Hayakawa, H., Hayakawa, M., Tominaga S. : Suppression of airway inflammation by binding of soluble ST2 with interleukin-33(分泌型ST2とIL-33の結合による気道炎症の抑制). 第39回日本分子生物学会年会,横浜, 2016年11月30日ー12月2日

Kamoshita, N., Tominaga, S., Nakashima, N.:Role of stop codon readthrough sequence UGACUA in PSIV IGR. 第39回日本分子生物学会年会,横浜,2016年11月30日

Kamoshita, N., Tominaga, S., Nakashima, N.:Molecular genetic analysis of the stop codon readthrough of Plautia stali intestine virus intergenic region. RNA2016,第18回日本RNA学会学術集会,京都,2016年6月30日

2015

大森司,水上浩明,片貝祐子,坂田飛鳥,小澤敬也,坂田洋一,西村智:血友病Aに対するアデノ随伴ウイルスベクターを用いた遺伝子治療法の開発.第37回日本血栓止血学会学術集会,山梨,2015年5月21ー23日

Hayakawa, M., Hayakawa, H., Ohmori, T., Tominaga, S. : Soluble ST2 attenuates skin inflammation in atopic dermatitis (分泌型ST2はアトピー性皮膚炎における皮膚炎症を軽減する).第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会,神戸,2015年12月1日ー4日

Hayakawa, H., Hayakawa, M., Tominaga S. : Effect of soluble ST2 on activation of type 2 innate lymphoid cells in a murine model of asthma. CYTO2015, 30th Congress of the International Society for Advancement of Cytometry, Glasgow, Scotland, June 27-30, 2015

Kamoshita, N., Tominaga, S., Nakashima, N.:RNA sequences influencing internal initiation and stop codon readthrough of dicistrovirus(ジシストロウイルスPSIV遺伝子間領域のRNA配列と終止コドンリードスルー).第38回日本分子生物学会年会,第88回日本生化学会大会合同大会,神戸,2015年12月3日

Kamoshita, N., Tominaga, S., Nakashima, N.:Stop codon readthrough of intergenic region of Plautia stali intestine virus is repressed by RNA structures in IGR IRES. 第17回日本RNA学会年会,札幌,2015年7月16日

2012~2014
2009~2011
2006~2008      
2003~2005
2000~2002
~1999     

バナースペース

自治医科大学 医学部
生化学講座 病態生化学部門

〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1

TEL 0285-58-7324
FAX 0285-44-2158
E-mail biochem2@jichi.ac.jp