担当大学院講義 - 自治医科大学 分子病態治療研究センター 細胞生物研究部

大学院・担当講義 (2019年度)

人体構造学(医学研究科・修士課程1年学生対象)

概要

マクロおよびミクロの解剖学的観察、各組織の構造および機能構築について、必要な基礎的概念を系統的に講義する。次に、さまざまな疾患について最初の講義で概観した後、それぞれの疾患について各論的に講義を行い、形態と分子レベルの両面から疾患の病因・病態について総合的な理解を得ることを目指す。さらに、ヒトゲノムおよび幹細胞研究から医療への応用について、臓器再生や疾患治療法の開発等の最新の成果を交えながら講義する(シラバスより転載)。

細胞生物研究部では、主に、人体の成り立ちを理解する上で重要な、分子発生学、器官形成のモデル、神経発生学などに関するトピックを提供します。

授業形式

各研究室教員による分担講義(細胞生物担当5回)

場所

大学院セミナー室(教育研究棟 3階)、その他

日程・内容

4-5月

  • 人体構造学の構成とイントロダクション(川上)
  • 器官形成の分子メカニズム(佐藤)
  • 分子発生学とモデル動物(佐藤)
  • 中枢神経系の発生と機能(高橋)
  • 脳の構築と神経幹細胞(高橋)

評価方法

講義への出席(3分の2以上の出席)と課題レポートによる。
課題レポートは15題の中から3題選択して作成する。
出席点と課題レポートの評価により最終的な評価とする。


教科書・参考書

特に指定しない。講義で必要な資料は、担当教員から配布する。参考図書については、適宜各講義において紹介する。

人間生物学系2 講義 I&II (博士課程1年学生対象)

概要

各研究室教員による分担講義。細胞生物研究部では、主に、人体の成り立ちを理解する上で重要な、分子発生学、器官形成のモデル、神経発生学などに関するトピックを提供します。

授業形式

講義中心

場所

大学院セミナー室(教育研究棟 3階)、その他

日程・内容

講義I
2019/6/19

  • 人体の器官構築の原理を学ぶ(佐藤)

人間生物学II
2019/5/29

  • 脳の発生とヒト脳の進化(高橋)

教科書・参考書

特に指定しない。講義で必要な資料は、担当教員から配布する。参考図書については、適宜各講義において紹介する。