/ 難治性てんかんの治療

難治性てんかんの治療│手術による治療の対象手術の対象とならない場合
小児てんかんの特殊性難治性てんかんの手術の実際

難治性てんかん−外科的治療法

日本では特殊な歴史的事情により難治性てんかんに対する外科的治療の役割が過小評価されてきた傾向があります。しかし、最近の診断検査におけるめざましい進歩、手術手技の改良に加え、いろいろな手術治療の成果が国際的に認められるようになって、日本でもてんかん診療における外科的治療の重要性が注目されるようになってきました。しかし、外科的治療には、手術に本質的に伴う危険性もあります。どのような場合に手術を考えた方が良いのか、また、どのような場合には手術はできないのか、という判断(手術適応の判断)は医師にとっても難しいもので、てんかんやその外科的治療に関する専門的な知識と経験が要求されます。

手術した方がよいのはどのような場合?

難治性てんかんに対する外科的治療の適応について、明文化された統一的な判定基準は今のところ存在しませんが、判断の基準としては、
適切な薬剤治療にもかかわらず(薬剤治療に対する抵抗性)、個々の患者さんにとって支障の大きい発作が継続している状態(発作の障害性)に対し、手術治療による合併症を起こさずに、または最低限許容しうる程度に抑えつつ、発作による障害の減少(必ずしもすべての発作の完全消失を意味しない)が手術治療によって得られるかどうか
を基本的な考え方とします。最近では迷走神経刺激療法ガンマナイフ治療のような準外科的治療とも言うべき、より低侵襲の新しい治療法も出現してきていますが、判断の基準は同様です。

てんかん治療をおこなう専門施設

てんかんに対する外科的治療は高度に専門的な診療を要するので、てんかんに対する外科的治療を日常的に行っている専門施設において行われるべきものです。外科的治療が考慮される場合は、一次的な担当医の先生から専門施設へ紹介される段階と、専門施設において実際に手術治療を行う段階との二つのステップで手術適応の判断がなされることになります。ここでは、どのような場合に専門施設への紹介を考えるべきなのかについて解説します。