バーチャルレジストレーションの結果


  ホルダーの種類 - 日立メディコ3x5

左図1には日立メディコ3x5ホルダーのオプトードやチャンネル配置を表す(実際の機器で定義される番号とは未対応なのでご注意を)。白やグレーの円はオプトードの位置を示す。白い円が送光器であるときグレーの円が受光器となる。その逆も同様である。ここでは送光−受光プローブの中点をチャンネルとし、"X"はチャンネルの位置を示す。 赤字の番号はチャンネルの番号を示す(実際の機器で定義される番号とは未対応なのでご注意を)。
図1 日立メディコ3x5ホルダー

1. ホルダーの中心を10/05法のCoronal Reference Curveに設置

- 国際10/05法(Jurcak et al.,2007)のCoronal Reference Curve(T9,…,Cz, …,T10を通る曲線)上の各点が3×5ホルダーの中心(中行の3番目)と一致しており、中列がCoronal reference curveに沿っている(左図2を参照)。ホルダーの中心をCoronal Reference Curveに沿って移動させた場合のバーチャル・レジストレーション結果を以下に示す。MNI標準脳座標系の位置と解剖ラベルの推定結果はExcelシートを参照のこと。

図2 国際10/05法(a)

  結果

C1_Mid3   C1h_Mid3   C2_Mid3   C2h_Mid3   C3_Mid3  
C3h_Mid3   C4_Mid3   C4h_Mid3   C5_Mid3   C5h_Mid3  
C6_Mid3   C6h_Mid3   T7h_Mid3   T8h_Mid3   Cz_Mid3  


2. ホルダーの中心を10/05法のSagittal Reference Curveに設置

- 国際10/05法(Jurcak et al.,2007)のSagittal Reference Curve(Nz,...,Cz,...Izを通る曲線)上の各点が3×5ホルダーの中行の3番目と一致しており、中列がSagittal reference curveに沿っている(左図3を参照)。ホルダーの中心をCoronal Reference Curveに沿って移動させた場合のバーチャル・レジストレーション結果を以下に示す。MNI標準脳座標系の位置と解剖ラベルの推定結果はExcelシートを参照のこと。
図3 国際10/05法(b)

  結果

AFFz_Mid3   AFpz_Mid3   AFz_Mid3   CCPz_Mid3   CPPz_Mid3  
CPz_Mid3   Cz_Mid3   FCCz_Mid3   FCz_Mid3   Fpz_Mid3  
Fpz_Mid3   Fz_Mid3   Oz_Mid3   POOz_Mid3   POz_Mid3  
PPOz_Mid3   Pz_Mid3  

3. その他

- F7が3×5の下行の前方から2番目のオプトードと一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(ホルダーの形状特性により厳密には一致しない)。
F8版も同様。F8_low4_Hor_3x5
F7_low2_Hor_3x5  
- F7が3×5の下行のCh10と一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。
F8版も同様。F8_Ch15_Hor_3x5
F7_Ch10_Hor_3x5  
- F7が3×5の下行のCh05と一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。
F8版も同様。F8_Ch20_Hor_3x5
F7_Ch05_Hor_3x5  
- T3が3×5の下行のCh15と一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。
T4版も同様。T4_Ch10_Hor_3x5
T3_Ch15_Hor_3x5  
- Fzが3×5の中行のCh14と一致しており、中行がSagittal reference curveに一致している。
Pz版も同様。Pz_Ch14_Sag_3x5
Fz_Ch14_Sag_3x5  
- Czが3×5の中行のCh04と一致しており、中行がSagittal reference curveに一致している。
Cz_Ch04_Sag_3x5  
- Fp1が3×5のCh02と一致しており、下行がhorizontal reference curveとバランスよく平行を保っている(厳密には平行ではない)。
Fp2版も同様。Fp2_Ch22_Hor_3x5
Fp1_Ch02_Hor_3x5  
- Fp1が3×5の下行の前方から1番目のオプトードと一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。
Fp2版も同様。Fp2_low5_Hor_3x5
Fp1_low1_Hor_3x5  
- T3が3×5の下行の3番目のオプドードと一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。
T4版も同様。T4_low3_Hor_3x5
T3_low3_Hor_3x5  
- T3が3×5の下行の前方から2番目のオプトードと一致しており、下下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。
T4版も同様。T4_low4_Hor_3x5
T3_low2_Hor_3x5  
- T3が3×5の下行の前方から4番目のオプトードと一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。
T4版も同様。T4_low2_Hor_3x5
T3_low4_Hor_3x5  
- Fpzが3×5の下行の真ん中3番目のオプトードと一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。 位置的に中列がSagittal reference curveに一致しているとも言える
Fpz_low3_HorSag_3x5  
- Ozが3×5の下行の真ん中3番目のオプトードと一致しており、下行がhorizontal reference curveにバランスよく沿っている(一致はしない)。 位置的に中列がSagittal reference curveに一致しているとも言える
Oz_low3_HorSag_3x5  

Copyright ©2010 Jichi Medical University, All Right Reserved