バーチャルレジストレーションの結果


  ホルダーの種類 - 日立メディコ4x4

左図1に日立メディコ4x4ホルダーのオプトードとチャンネルを表す(実際の機器で定義される番号とは未対応なのでご注意を)。白やグレーの円はオプトードの位置を示す。白い円が送光器であるときグレーの円が受光器となる。その逆も同様である。ここでは送光−受光プローブの中点をチャンネルとし、"X"はチャンネルの位置を示す。赤字の番号はチャンネルの番号を示す(実際の機器で定義される番号とは未対応なのでご注意を)。
図1 4x4ホルダー

1. 4x4ホルダーを用いたレジストレーション結果

- 前から2列目のプローブをCoronal Reference Curveにバランス良く沿わせる。上から2行目、前から2列目のプローブをC3に合わせる。
C4版も同様。C4_Op10_Cor_4x4
C3_Op06_Cor_4x4  
- 上から2行目と3行目の間の行、および、前から3列目と4列目の間の列の交点をC3と一致させる。最上行の最後列のプローブと最下行前から3番目のプローブがCoronal Reference Curveと平行を保つようにバランスよく配置させる。
C4版も同様。C4_mean_Cor_4x4
C3_mean_Cor_4x4  
- 最下行の2つ目と3つ目のプローブの中央をFpzに一致させる。2列目と3列目の中央列をSagittal Reference Curveに沿って配置させる。
Fpz_CH14_Sag_4x4  

Copyright ©2010 Jichi Medical university, All Right Reserved