次世代医師・研究者交流

トップページ > 次世代医師・研究者交流

医師・研究者キャリア支援センターでは、若手医師や研究者、大学院生間の交流を深め、多様なキャリア形成や研究を推進するために、若手医師・研究者の企画による「次世代医師・研究者交流会」を行っています。学内外の研究者による講演やその後の懇親会を通じて、学内の部門を超えた臨床と基礎を結ぶ新しい医療・医学研究の発展や、大学院生の交流推進を目指します。   参加は自由です。ひとりでも多くの方々との交流の場となりますように、皆様のご参加をお待ちしています。

第1回次世代医師・研究者交流会 「部門を超えた若手医師・研究者の交流を深め、 キャリア形成を多いに語り合う」を開催しました!

様々なキャリアパスが存在する現在の世の中において、各大学は独自の特色を打ち出し、人材育成などの教育活動と研究活動において、多様な活動を行っていく時代となっています。自治医大においては、とくに地域医療を担う人材の育成が大きな使命の一つですが、そのような「人を育てる」という過程において、大学内外における人の交流は、医学部学生、大学院生、研究者にとって、その後の人生に大きな財産になることも少なくありません。


自治医科大学には、医学部と看護学部があり、さらに、医学研究科と看護学研究科が設置されています。大学病院やその他の研究センターもあり、社会において大きな役割を担っています。大学における研究活動の発展は教育や診療の発展にも大きな影響を与える要素を含んでおり、多様な医師・研究者の活動を活性化し、キャリア形成をサポートすることも大学の重要な活動の一つです。
私たちは、キャリア支援センターのサポートのもと、学内の若手医師・研究者を中心として、基礎と臨床の垣根を考えず、自治医大における研究活動の発展やキャリア形成につながる交流を目指し、次世代医師・研究者交流会の活動を開始しました。今後様々な企画と通じて、学内の多くの方々との交流で研究が発展することを期待いたします。