次世代医師・研究者交流

トップページ > 次世代医師・研究者交流

医師・研究者キャリア支援センターでは、若手医師や研究者、大学院生間の交流を深め、多様なキャリア形成や研究を推進するために、若手医師・研究者の企画による「次世代医師・研究者交流会」を行っています。学内外の研究者による講演やその後の懇親会を通じて、学内の部門を超えた臨床と基礎を結ぶ新しい医療・医学研究の発展や、大学院生の交流推進を目指します。   参加は自由です。ひとりでも多くの方々との交流の場となりますように、皆様のご参加をお待ちしています。

キャリア支援交流会 企画展 を開催しました。

27年度より、次世代医師研究者交流会は、キャリア支援交流会の形でスタートしま した。

キャリア支援センター次世代医師研究者支援の活動として、講座部門を超えた交流を目的とした、ポスター展示企画を行いました。

平成27 年9月4日(金)12:00 - 18:30
自治医大・地域医療情報研修センター大会議室前ロビーにて

自治医大シンポジウム・大学院生ワークショップと同日開催!

展示内容:
キャリア支援センター支援活動のご紹介
臨床系・基礎系講座部門の研究・機器等のご紹介

参加部門:再生医学研究部、歯科口腔外科、構造生化学、皮膚科学
細胞生物研究部、脳機能研究部、基礎系大学院本務、抗加齢医学研究部、病態生化学、
小児科学、医師研究者キャリア支援センター




 








































今回の展示は初めての試みでしたが、自治医大シンポジウムのポスターセッションが行われた大会議室前のロビーで開催したこと、および大学院生ワークショップが開催される前からポスターを展示し、自治医大シンポジウムの懇親会まで掲示しておいたので、多くの方にご覧頂くことが出来ました。自治医大シンポジウムと同時開催で、ポスター掲示板の確保については、自治医大シンポジウム実行委員会や事務方の方々の多大なご協力を得る事ができ、事前に打ち合わせができたので、スムーズにポスター展示を行うことができたことは良かったと思います。
 

 会場となったロビーは、よく学会のポスターセッションに使われており、人が集う場所としていい場所だと思います。大ホールへの入り口前のソファーも有りますし、くつろげます。今回は、ただただ整然とポスターを並べるのではなく、ポスター掲示板をカーブさせたり、斜めに配置したりと、博物館などでの展示を意識しました。自治医大は比較的小規模の大学ですが、学内では最先端の研究が行われており、サイエンスコミュニケーションを意識して、学内の研究の状況を伝える、知る場所が多くあることは、研究の発展にもつながると思います。




 



















































 今回のポスター展示では、研究内容だけでなく、ユニークな研究手法や実際に使用している研究機器なども写真に撮って掲示して頂きました。キャリアセンターの企画として、以前
ラボ見学ツアーがありました。しかしながら、これはまだ実現しておりません。キャリアセンターでは、今後も、異なる部局間で協力し、人が多く集まる学内のイベントにおいて、
、様々な企画を提案して行きたいと思います。例えば、大学院生が入学した頃や大学院ワークショップが開催される秋ごろに、大学院研究科とコラボで、学内の施設や機器、そして、
留学生や研究者を知るための交流会企画を行ってもよいと思います。また、基礎と臨床講座の間でもコラボレーションが生み出されやすい環境があるのも自治医大の特徴だと思います。
今回は臨床系から3講座の参加がありました。今回のような企画展を通じて、基礎と臨床をむすぶ交流が深まることを期待しています。

最後に、企画に携わっ下さった交流会世話人の方々、キャリアセンターの事務方の皆様、さらに、ポスター展示に参加して下さった各講座、部門の方々、本当にお疲れ様でした
(文責:交流会世話人)。