次世代医師・研究者交流

トップページ > 次世代医師・研究者交流

医師・研究者キャリア支援センターでは、若手医師や研究者、大学院生間の交流を深め、多様なキャリア形成や研究を推進するために、若手医師・研究者の企画による「次世代医師・研究者交流会」を行っています。学内外の研究者による講演やその後の懇親会を通じて、学内の部門を超えた臨床と基礎を結ぶ新しい医療・医学研究の発展や、大学院生の交流推進を目指します。   参加は自由です。ひとりでも多くの方々との交流の場となりますように、皆様のご参加をお待ちしています。

第6回次世代医師・研究者交流会 「今、活躍する次世代のこれまで、とこれから」を開催!

今回は、脳科学/心理学(サイコメトリクス)、神経科学/数学/工学 (シュミレーション)、人類遺伝学、寄生虫学/免疫学の分野でご活躍されている4名の気鋭の若手研究者をお招きし、最新の研究や、現在の研究に行き着くまでの様々なご経験や多様なキャリアパスについてご紹介して頂きました。学内の多くの部門から、多数の医師・研究者、教員、大学院生の参加がありました。


「Psychometrics に基づいた質問紙調査・・・って?」
久徳 康史 自治医科大学先端脳機能開発センター 脳機能研究部門 研究員
従来の日本国内における心理学では行動データが偏重されてきたが、人間の主観的内面を理解することにはつながらない。事実、近年では臨床医学における心理学的研究において、客観的な診断データだけで患者や介護者の内面をはかることは妥当性を欠くと考えられ始め、当事者の実感をもとにした主観的な指標が使われる機会が増えつつある。しかし、目には見えない主観的な現象を測定し客観的に評価することに対する批判は根強い。この問題に対し、心理特性を確率論的に定量化する学問であるPsychometrics
について紹介した。Psychometrics に基づく質問紙研究に至るまでのキャリアパスや実際の研究例についても言及した。

「コンピュータ上に小脳を創る」
山崎 匡 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 情報・通信工学専攻 助教
小脳は運動制御・運動学習において重要な役割を担っており、小脳を損傷すると運動の遅れや推尺異常等の運動失調が現れることが知られている。小脳はその役割の明確さとシンプルな回路構造のおかげで最もよく調べられている脳部位であり、分子レベルから行動レベルまで、ありとあらゆる動物種で、ありとあらゆる手法で研究が行われており、膨大な実験データの蓄積がある。この実験データを全てコンピュータ上に実装し、数値シミュレーションを行うことで、小脳の挙動を神経細胞レベルで精緻に再現することが可能になった。さらにスパコンを用いた並列分散計算により、シミュレーションを実時間で完了することが可能になった。この小脳モデルに橋核と下オリーブ核から記録した神経活動を入力し、計算結果を電気信号に変換して小脳核へ出力することにより、壊れた小脳を人工小脳で代替できるようになる。この技術により将来的には小脳疾患・小脳損傷の患者さんの運動の補償・リハビリの補助・QoL の向上が期待できる。


「内臓脂肪のゲノム医学:人類進化の観点から」
中山一大 自治医科大学分子病態治療研究センター 人類遺伝学研究部 助教 (現講師)
内臓脂肪は、過剰に蓄積することにより心血管病の発症リスクとなり得る。他方で、食糧供給が著しく不安定な状況下では、余剰エネルギーの蓄積器官としての意義を有していたと考えられている。我々は、5,810 人の東アジア人由来のDNA 試料を用い、脂肪細胞の分化に関わるTRIB2 遺伝子内に存在する一塩基多型(SNP)rs1057001 が、内臓脂肪面積および腹囲径と強く関連することを見出した。少ない内臓脂肪量と結びついているrs1057001 のA アレルは人類集団間で大きな頻度差を示しており、アフリカで低く、東アジアで高い明瞭な傾向が認められた。ゲノムワイドなSNP ハプロタイプを精細に解析したところ、東アジア人の祖先集団においてA アレルに正の自然選択が作用したために、その頻度が急激に上昇したことを支持する結果が得た。TRIB2 に作用した選択圧の正体は不明であるが、今回の成果は、ありふれた疾患の感受性の形成に、過去に起きた自然選択が関与していることの証拠の1 つである。

「顧みられない熱帯病の対策」
後藤 康之 東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用免疫学研究室 准教授
*後藤先生は熱帯病の研究をされている気鋭の研究者です。動物を介する熱帯病の患者は開発途上国を中心に数億人だそうですが、あまり強力な対策は取られてないようです。フィールドワークも豊富な先生より、地球上のいのちを守るという観点からの貴重なお話を伺えました。 (*編者記)




次回 第7回は平成25年7月2日(火)に開催します。 「想い」を形にする力 想いを形にする力はなんなのでしょう。気鋭の方々とかたりましょう。 講演会:18:00-19:30 教育・記念棟1F大教室1 懇親会:19:30- 20:30 レストラン西洋堂 参加は自由です。事前登録はありません。