育児短時間勤務制度の導入

トップページ > 就業継続支援・復職支援 > 育児短時間勤務制度の導入

短時間勤務体制の提供、復職のための再研修でキャリア継続と能力活用を。

子どもを養育する医師(男女共)の勤務特例措置として、週20時間の短時間勤務が選択できます。正規職員としての身分も保証され、1年毎の更新により継続できます。
また、短時間勤務者へ面談を実施し、常勤へのスムーズな移行を図っています。
勤務内容については各医局でそれぞれコーディネイトしています。



例えばこんな短時間勤務制度を行っています。



日・当直の免除

お子さんを養育中の方でご希望の方はご相談ください。

当センター内保育ルームでの託児

自治医科大学教職員・パートタイム職員のお子さんで満3ヶ月〜12歳までを対象として保育ルームでお預かりしてます。研修や学会にも安心して出席できます。