コース紹介

トップページ > コース紹介

コース紹介

臨床腫瘍学研修コース

がんの診断・治療・研究に必要な知識と技術を有する医師を養成します。研修内容は、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医認定試験に求められる各種固形癌・造血器癌全般、放射線治療学、放射線診断学、病理学、薬理学、精神医学、緩和ケアなどがん医療全般にわたります。研修は自治医科大学附属病院を中心に行いますが、連携がん専門病院における短期研修も可能性です。また、講義は遠隔授業システム・ビデオオンデマンドを活用し、国際医療福祉大学の各キャンパスまたはインターネット上でも受講することができます。研修修了時には大学から修了証書が交付されます。

緩和ケア研修コース

緩和医療専門医の資格を取得し、臨床の実践、コンサルテーション活動、教育指導及び臨床研究を率先して行える能力を身につけ、多職種参加チームの核となって活動が出来る医師を養成します。研修内容は、緩和ケアチーム(6ヶ月程度、入院外来コンサルタント6ヶ月程度)の研修を行い、緩和ケアの基礎を学びます。この他、在宅ケア、臨床腫瘍科、精神腫瘍科、放射線治療部での高度な臨床経験を積むことにより、専門的能力を高めることが出来ます。また、講義は遠隔授業システム・ビデオオンデマンドを活用し、国際医療福祉大学の各キャンパスまたはインターネット上でも受講することができます。研修修了時には大学から修了証書が交付されます。


がん総合医コース

自治医科大学大学院医学研究科博士課程(標準修業年限:4年)に開設しています。このコースでは、がんの治療を多方面からアプローチすることのできる「がん総合医」を養成します。大学院及び附属病院において遠隔教育システムを活用して、課程修了に必要な単位の修得を行い、がんの治療・研究に関する基礎的な教育を受けた後、国立がんセンター等の医療機関の協力を得ながら、がんの治療・研究の最前線を学び、がんの臨床に関連した研究や地域基盤型の研究により学位取得を目指します。

がん看護専門看護師コース

自治医科大学大学院看護学研究科修士課程(標準修業年数限:2年)に開設しています。このコースでは、質の高いがん看護を提供するための専門的知識や技術を備えたがん看護専門看護師を養成します。がん治療専門施設のほか地域の訪問看護ステーションなどにおける臨床実習を通して、がん看護の専門的知識と技術を習得するとともに、緩和ケアの重要性について学ぶカリキュラムを設けています。


がん薬物療法認定薬剤師コース

国際医療福祉大学大学院薬科学研究科修士課程(標準修業年限:2年)に開設しています。このコースでは、がんの薬物療法に精通した薬剤師を養成します。抗がん剤の薬理作用とがん化学療法の科学的根拠を理解し、オピオイドの薬理作用、副作用とその対処法など臨床を重視したカリキュラムを設けております。実習は、国際医療福祉大学病院、国際医療福祉大学三田病院や自治医科大学附属病院などにおいて行います。

がん治療放射線技師コース

国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科修士課程(標準修業年限:2年)に修士論文コースと臨床実習コースを開設しています。臨床実習コースではコース修了後、がん放射線治療技師として直ちに活躍するよう、放射線技師経験3年程度の方に実習を重視した教育を行います。実習は自治医科大学附属病院をはじめ、国立がんセンターなどの連携のもとに行います。実習を通して、がん医療におけるチーム医療の重要性について学ぶカリキュラムを設けています。


がん登録専門コース

国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科修士課程(標準修業年限:2年)に開設しています。このコースでは、がん登録の実務および指導ができる専門家を養成します。国立がんセンターなどの医療機関の協力を得ながら、多くの実習を通じて、がん登録の精度向上とがん対策の一環として適正な情報提供を行える人材を養成するとともに、そのような登録を指導できる人材を養成することを目的としています。