センターからのお知らせ

ハイブリッド手術室システムを導入しました

自治医科大学附属さいたま医療センターでは、2013年12月より「ハイブリッド手術室システム」を導入いたしました。
「ハイブリッド手術室システム」とは、麻酔装置などを備えた清潔な手術室内に、3D-CT撮影も可能な高性能の据置型X線透視装置を設置し、オープン手術と血管内治療のいずれにも対応できる高度な未来型手術室システムのことです。
従来、血管造影室や移動型CアームX線透視装置で行なっていたカテーテルを使用した血管内治療が、手術室でより清潔、安全に実施可能となります。また、オープン手術の最中でも、X線透視装置の使用により立体的な血管や臓器の3次元画像をリアルタイムで作成、観察しながら、その場でステントグラフトの挿入や血管内治療の併用が可能になります。
さらに、高齢化社会の進行に伴って増加する大動脈弁狭窄症に対して、血管内からアプローチして弁の狭窄部分をバルーンによって開大し、折りたたんだ人工弁(生体弁)を大動脈弁の位置に移植する方法、すなわち経カテーテル的大動脈弁置換術が実施可能になります。すでにこの方法は、国内で保険適用され、ハイブリッド手術室システムの設置が実施施設の条件となっています。これにより当センターにおいても、経カテーテル的大動脈弁置換術が実施できることとなり、今後、ハイブリッド手術室システムを活用して高度な手術を実施してまいります。

ハイブリッド手術室システム」

平成25年12月4日
自治医科大学附属さいたま医療センター

ページの先頭へ