診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

突然の病気やけがで救急車を呼んだ場合の対応を中心に行っています。救急で発生した病状すべての対応が可能です(症状とは頭痛、胸痛、胸背部痛、腹痛、呼吸困難、動悸、手足の麻痺、嘔吐などを示します)。

外来診療

救急車によって搬送された患者さんを中心に診療しています。救急車で運ばれた患者さんのファーストタッチ(病院での最初に行う診察のこと)を救急科でさせていただいています。

入院診療

入院件数は年間4000~5000件です。救急科のみで入院期間の治療を行う場合もありますが、各診療科の先生に引き継いで専門的な治療を入院して継続する場合やかかりつけの病院に転院する場合もあります。

診療実績

救急自動車の受け入れ件数は年間8000件強です。その数は、救急部創設時の約10倍を超えており、その数は今年度も増加しています。

ページの先頭へ