診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

診療疾患

泌尿器科にて扱う主な疾患は下記のごとくです。

尿路性器腫瘍

  • 副腎腫瘍:良性腫瘍、悪性腫瘍
  • 腎腫瘍:良性腫瘍(腎血管筋脂肪腫)、悪性腫瘍(腎細胞癌、腎盂癌)
  • 尿管腫瘍
  • 膀胱腫瘍(膀胱癌、尿膜管腫瘍)
  • 前立腺肥大症、前立腺癌
  • 陰茎癌
  • 精巣腫瘍

外傷

  • 腎外傷
  • 膀胱損傷
  • 尿道損傷
  • 陰茎損傷
  • 精巣損傷

炎症

  • 腎盂腎炎
  • 膀胱炎
  • 前立腺炎
  • 尿道炎(STDを含む)
  • 精巣上体炎

尿路結石

  • 腎結石
  • 尿管結石
  • 膀胱結石

その他

  • 腎後性腎不全
  • 神経因性膀胱
  • 勃起障害

外来診療

外来担当医は、日本泌尿器科学会の指導医、専門医が主に担当しています。また各外来担当医は泌尿器科疾患全般にわたって診療を行っております。
火曜日(手術日)を除き、紹介患者のみなさまを診療しています。

当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です。
紹介患者診療スケジュールは、こちらをごらんください。

入院診療

入院診療は、レジデントと泌尿器科スタッフとのグループ診療を行っております。治療方針については入院前カンファレンス、入院中の回診後のカンファレンスにて決定しております。原則的に毎日朝と夕の1日2回、病棟の回診が行われています。

診療実績(2013年1月~12月)

外来患者の内訳

新患患者数 698
再来患者数 12484
紹介率 100%

主な手術 2013年~2016年

手術症例病名別件数 2013年 2014年 2015年 2016年
根治的腎摘除術(開腹) 23 20 14 18
腹腔鏡下腎摘除術 0 1 13 11
腎部分切除術(開腹) 13 12 8 9
腹腔鏡下腎部分切除術 0 0 1 1
腎尿管全摘術(開腹) 5 11 9 8
腹腔鏡下腎尿管全摘 0 7 9 3
経尿道的膀胱腫瘍切除術 76 105 102 77
根治的膀胱全摘除術 6 9 8 6
腹腔鏡下膀胱全摘除術 0 0 0 2
回腸導管造設術 5 9 8 7
回腸新膀胱造設術 0 0 0 1
根治的前立腺全摘術 17 21 7 2
ロボット支援前立腺全摘術 0 0 18 63
副腎摘除術(開腹) 1 1 0 2
腹腔鏡下副腎摘除術 0 1 3 6
経尿道的前立腺切除術 26 18 21 26
高位精巣摘除術 3 3 10 7
体外衝撃波結石破砕術 40 35 17 2
経尿道的尿管砕石術 4 7 3 1
経尿道的膀胱砕石術 8 9 9 3
前立腺生検 163 156 107 123
全手術件数 430 468 436 440

悪性腫瘍治療実績

  実測5年生存率
前立腺
(1997-2006年)
Stage A 94%
Stage B 93%
Stage C 92%
Stage D 66%
浸潤性膀胱癌 (StageT2以上) 60%
腎細胞癌
(1990-2007年)
Stage I 93%
Stage II 94%
Stage III 88%
Stage IV 20%
腎盂尿管癌 Stage I 100%
Stage II 100%
Stage III 60%
Stage IV 0%

臨床研究についてのお知らせ

 自治医科大学附属さいたま医療センター泌尿器科では、臨床研究を実施しております。この研究は、当センターでの通常診療で得られた過去の記録をまとめることによって行われます。「人を対象とする医学的研究に関する倫理指針」に従い、対象となる患者さんから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。

患者さんの情報は、個人の特定ができない形で本研究(学会発表や論文発表を含む)に使用させていただきます。発表に際しての患者さんの個人情報は保護されます。
また、希望される場合には、他の患者さんの個人情報および知的財産の保護等に支障がない範囲で、研究の資料を入手または閲覧することができます。

これらの研究は、これまで行われた治療について過去の記録に基づいて評価するものです。そのため患者さんに新たな負担が加わることはありませんし、研究の成果を発表する際にも個人が特定されない方法でデータの処理を行いますので、プライバシーは保護されます。 ご自身の情報の使用に同意されない場合は下記へお申し出ください。その場合、研究の対象とはいたしません。また、その場合にも当センターにおける診療・治療の面で不利益を被る事は一切ありません。

臨床研究
「前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の有効性と安全性に関する研究」について

 ・研究目的
前立腺がんに対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術についての有効性と安全性を検討することを目的としています。

 ・研究の対象となる方
2015年5月1日から2016年12月31日の間に当科で前立腺癌に対しロボット支援前立腺全摘除術による治療を行った患者さんです。

 ・研究の方法
患者さんの手術前後の情報をカルテから収集し、手術成績を検討します。

臨床研究
「バイアスピリン継続下での前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の安全性に関する研究」について

 ・研究目的
前立腺がんに対するロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術についての有効性と安全性を検討することを目的としています。

 ・研究の対象となる方
2015年5月1日から2016年12月31日の間に当科で前立腺癌に対しロボット支援前立腺全摘除術による治療を行った患者さんです。

 ・研究の方法
患者さんの手術前後の情報をカルテから収集し、手術成績を検討します。

臨床研究
「腹腔鏡下手術の有効性と安全性に関する研究」について

 ・研究目的
細胞癌、腎盂尿管癌、副腎腫瘍、水腎症に対して腹腔鏡下手術を施行された患者さんについての有効性と安全性を検討することを目的としています。

 ・研究の対象となる方
2014年4月1日から2020年3月31日の間に当科で上記疾患に対し腹腔鏡下手術による治療を行った患者さんです。

 ・研究の方法
患者さんの手術前後の情報をカルテから収集し、手術成績を検討します。

臨床研究
「バイアスピリン内服患者における腹腔鏡下手術の安全性に関する研究」について

 ・研究目的
バイアスピリン内服継続下に腎細胞癌、腎盂尿管がんの診断にて腹腔鏡下腎摘除術・腹腔鏡下腎尿管全摘除術を施行された患者さんについての安全性を検討することを目的としています。

 ・研究の対象となる方
2014年4月1日から2020年3月31日の間に当科で上記疾患に対し腹腔鏡下手術による治療を行った患者さんです。

 ・研究の方法
患者さんの手術前後の情報をカルテから収集し、手術成績を検討します。

問い合わせ先 自治医科大学附属さいたま医療センター 泌尿器科
研究実施責任者 宮川友明
TEL 048-647-2111(代表)
Email sh2-miya@jichi.ac.jp

苦情の窓口
自治医科大学附属さいたま医療センター 総務課
TEL 048-648-5225

ページの先頭へ