診療科のご案内

診療科紹介

診療体制

当科では1999年の開設当初より、産科を扱わず婦人科のみ診療を行っていましたが、2008年10月より産科診療を開始しました。
スタッフのうち8人が日本産科婦人科学会専門医であり、当センターは専門医研修認定施設です。その他、日本臨床腫瘍学会、日本臨床細胞学会の認定施設でもあります。また、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本臨床細胞学会専門医、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医が在籍しており、婦人科領域での専門医療ならびに研修の提供を行っています。
また、産科に関しても、診療開始後は日本周産期新生児医学会母体胎児専門医研修施設としての体制も整え、産科・周産期領域に関しても専門医療、研修の提供ができます。
当センターの外来受診は、当センター宛ての紹介状と事前のご予約が必要です。

治療方針

先進的で高度な医療技術を駆使し、患者様へ安心で安全な身体に負担の少ない医療を展開します。プロフェッショナルであり続けるために技術を育み真価を発揮します。病棟カンファレンス、術前カンファレンス、抄読会、病理検討会、外科系講座共同のカンファレンスおよび関連学会での発表などで学問的、技術的、人間的研鑽を深めています。

得意分野

  1. 悪性腫瘍に対しては手術、化学療法、放射線療法の併用による集学的治療を行っています。
  2. 化学療法は患者様の生活の質(QOL)向上を考慮し外来または短期入院で行っています。
  3. 進行癌症例には積極的な拡大根治手術を行う一方、初期癌や妊孕性温存希望の患者様には可能な限り縮小手術を行っています。
  4. 内視鏡手術の積極的な導入を図り、子宮内膜症や良性卵巣腫瘍のほとんどを内視鏡下に治療しています。
  5. 子宮頸癌ならびに前癌病変の診断にはヒトパピローマウイルス(HPV)DNA診断テストを導入し、より高感度で効率的な診断、治療を行っています。
  6. 子宮内膜症の新しい免疫学的治療を行っています。
  7. 悪性腫瘍に対する新しい化学療法の臨床試験を推進しています。
    産科も、2008年10月より診療を開始しました。現在は年間350例程度の正常を主とした分娩を取り扱っております。さらに周産期医療体制の整備状況に合わせて、徐々にハイリスク妊娠の受け入れを開始しております。正常・異常妊娠を含め、周産期医療の幅広い分野について対応します。そのような中で地域連携とスタッフの勤務環境を考慮した新たな周産期・産婦人科体制を作っていきたいと考えています。
    また研究に関しても、胎児心拍数解析による胎児の生理学的発達、超音波ドプラー法による胎児胎盤循環、子宮胎盤循環、4D超音波による胎児形態学に関する研究、あるいは妊娠糖尿病、胎児起源生活習慣病に関して自治医大産婦人科との共同研究を計画しています。

スタッフ紹介 (平成29年4月1日現在)

今野 良

助教授
職名 教授、科長
出身大学 自治医科大学
得意分野 悪性腫瘍、内視鏡手術、病理・細胞診断、子宮内膜症
*専門医

高木 健次郎

高木 健次郎
職名 教授
周産期母子 医療センター長
出身大学 日本大学医学部
得意分野 周産期医療、妊娠高血圧症候群、切迫早産薬物治療、胎児診断
*専門医

桑田 知之

桑田 知之
職名 教授
出身大学 自治医科大学
得意分野 周産期医療、超音波医学、胎児診断
*専門医

堀内 功

堀内 功
職名 講師
出身大学 兵庫医科大学
得意分野 不育、生殖
*専門医

佐々木 重胤

佐々木 重胤
職名 講師
出身大学 日本大学医学部
得意分野 周産期医療胎児診断
*専門医

近澤 研郎

近澤 研郎
職名 講師
出身大学 東京医科歯科大学
得意分野 産婦人科一般、腫瘍
*専門医

牛嶋 順子

牛嶋 順子
職名 助教
出身大学 福島県立医科大学
得意分野 周産期医療、胎児診断
*専門医

入江 佑子

入江 佑子
職名 臨床助教
出身大学 大阪市立大学
得意分野 産婦人科一般

日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修認定施設
日本臨床腫瘍学会専門医制度研修認定施設
日本臨床細胞学会研修認定施設
NPO婦人科悪性腫瘍化学療法共同研究機構認定施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設

※当センターは下記資格を有した医師が常駐しており、若手医師の育成にも全力を注いでおります。
日本産科婦人科学会専門医(※)、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、審査委員、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本がん治療認定医機構認定医、日本生殖医学会生殖医療専門医、日本周産期新生児学会産科部門指導医、NCPRインストラクター

ページの先頭へ