診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

専門研修プログラムのご案内

日本整形外科学会の指針に従って整形外科全般の研修を行います。診療体制の欄でも書きましたように、大学病院ならではの高度な医療技術が必要な脊椎・原発性骨軟部腫瘍・人工関節を扱う一方、外傷など若い先生の研修に必須の症例まで幅広く扱っています。取り扱うレパートリーの豊富さに加えて各診療部門のスペシャリストがそろっているため、専門研修に最適な環境であるといえます。さらに、自治医大整形外科およびその関連病院、埼玉医大総合医療センター、東大整形外科などと交流を持ち、若い医師の見聞を広めるために非常勤で派遣したりするなど、大宮地区を拠点として幅広く研修するようにプログラムを組んでいます。2017年度より開始される新専門医制度についても対応できるように準備しています。

後期専門研修申込方法等について

秋山 達  toruakiyama827@jichi.ac.jp まで御連絡下さい。

カンファレンス・連絡会

外来症例・入院前カンファレンス 火曜日 17時 (場合により金曜日17時)
抄読会 火曜日 18時

研究実績

原著論文

2015年

  1. 神田翔太郎、税田和夫、遠藤実、秋山達:大腿骨転子部骨折に対するAlexa nailの使用経験.骨折37(1):235-239,2015
  2. Saita,K. Akiyama,T. Endo,M.Kanda,S.and Maeda,A.:A Case with Delayed Union Following Lumbar Vertebral Fracture Exhibited Apparent Intravertebral Instability after Puncture into Vertebral Body during Balloon Kyphoplasty.Journal of Spine Research 6(5):963-966,2015
  3. Akiyama ,T . Saita ,K. Ogura, K. Kawai ,A. Imanishi, J. Yazawa, Y,.Kawashima ,N,.and Ogata, T.:The effect of an external hip joint stabiliser on gait function after surgery for tumours located around the circumference of the pelvis: Analysis of 7 cases of internal hemipelvectomy or proximal femur resection. Int Orthop. 2015 in press.
  4. Kanda, S. Akiyama, T. Chikuda, H. Yamaguchi, T.and Saita, K.: An unusual presentation of adult tethered cord syndrome associated with severe chest and upper back pain. Case Rep Orthop, 2015 Volume 2015, Article ID 926185, 5 pages http://dx.doi.org/10.1155/2015/926185
  5. Ogura, K. Uehara, K. Akiyama, T. Iwata, S. Shinoda,Y. Kobayashi, E. Saita, K. Yonemoto, T. Kawano, H. Chuman, H. Davis, AM.and Kawai, A.; Cross-cultural adaptation and validation of the Japanese version of the Toronto Extremity Salvage Score (TESS) for patients with malignant musculoskeletal tumors in the lower extremities. J Orthop Sci, 2015 Nov;20(6):1098-105.
  6. Ueda, Y. Akiyama ,T. et al: The bony erosion with mucoid degeneration of the ACL. Journal of Knee Surgery Reports. 2015; DOI: 10.1055/s-0034-1399759

総説

2015年

  1. 秋山 達:無茎腓骨移植術を用いた骨盤悪性腫瘍切除後の骨盤輪再建術.別冊整形外科No.68 整形外科領域における移植医療.南江堂,2015.1

発表

2015年

  1. 前田陽典、税田和夫:急性化膿性関節炎と思わせた潰瘍性大腸炎に伴う膝関節炎の一例.第45回日本人工関節学会,2015.2.27-28,福岡
  2. 秋山達:三次元動作解析法による骨盤部腫瘍切除術後患者の歩行分析:股関節安定化による歩行機能改善効果の検討.第48回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会,2015.7.9-10,高松
  3. 秋山達、税田和夫:骨盤腫瘍手術のピットフォール.第88回日本整形外科学会学術総会,2015.5.21-24,神戸
  4. 遠藤実、税田和夫、内田満夫、神田翔太郎、秋山達、前田陽典、佐々木洋和:CRP値を用いた化膿性脊椎炎の予後予測についての検討.第88回日本整形外科学会学術総会,2015.5.21-24,神戸
  5. 木村明徳、秋山達、高徳賢三、関矢仁:膝窩嚢腫の関節鏡視下手術.第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS),2015.6.18-20,札幌
  6. 前田陽典、税田和夫、秋山達、遠藤実、佐々木洋和、神田翔太郎:仙骨脆弱性骨折の4例.第55回関東整形災害外科学会,2015.3.27-28,さいたま
  7. 税田 和夫:骨粗鬆症性椎体骨折後対麻痺に対する脊柱短縮術.第44回日本脊椎脊髄病学会,2015.4.16-18,福岡
  8. 税田和夫、秋山達、遠藤実、神田翔太郎、前田陽典:化膿性脊椎炎保存治療における抗菌薬投与期間.第55回関東整形災害外科学会,2015.3.27-28,さいたま
  9. 税田和夫、遠藤実、神田翔太郎、穴水依人、秋山達、前田陽典:骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術成績.第55回関東整形災害外科学会,2015.3.27-28,さいたま
  10. 朔 伊作、 朴 英、 鮫島 慎 :骨付き膝蓋腱を用いた前十字靭帯再建術における膝蓋骨欠損部への人工骨移植.第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS),2015.6.18-20,札幌
  11. 谷聡二、遠藤実、秋山達、神田翔太郎、前田陽典、税田和夫:腸恥滑液包炎に深部静脈血栓症を合併し、 内科的管理後にTHAを行い良好な経過を得た一例 .第45回日本人工関節学会,2015.2.27-28,福岡
  12. Akiyama,T. :The clinical reports of local recurrence cases of chordoma in our research group. Chordoma foundation, November 23, Milan
  13. Akiyama,T.:Impact Of Hip Joint Stabilisation On Functional Outcome After Internal Hemipelvectomy And Proximal Femur Resection Using Gait Analysis,ISOLS&MSTS,October 6-10,ORLAND,FLORIDA(America)
  14. Akiyama,T.:Mortality And Morbidity Following Surgical Treatment For Sarcoma In The Pelvis And Limbs.ISOLS&MSTS,October 6-10,ORLAND,FLORIDA(America)
  15. Akiyama,T.:Preservation Of The Gluteus Maximus Blood Flow Contributes To Reduce Postoperative Complications Following Pelvic And Sacrum Tumor Resection.ISOLS&MSTS,October 6-10,ORLAND,FLORIDA(America)
  16. Akiyama,T.:Preservation of the Gluteus Maximus Blood Flow Reduces Postoperative Complications After Pelvic Tumor Resection.EMSOS(European Musculo-Skeletal Oncology Society),2015.4.28-5.4,Athens
  17. Akiyama,T.and Saita,K.:PRESERVATION OF THE GLUTEUS MAXIMUS BLOOD FLOW REDUCES POSTOPERATIVE COMPLICATIONS AFTER PELVIC TUMOR RESECTION.CTOS 2015 Annual Meeting,November 4-7,Salt Lake City,Utah(America)
  18. Akiyama,T.Chikuda,H.and Saita,K.:BLOOD TRANSFUSION VOLUME AND DURATION OF ANESTHESIA INFLUENCE MORTALITY AND POSTOPERATIVE COMPLICATIONS IN SURGICAL TREATMENT FOR SARCOMA IN LI M BS AND PELVIS.CTOS 2015 Annual Meeting,November 4-7,Salt Lake City,Utah(America)
  19. Akiyama,T.Saita, K.Ogura,K.Kawai, A.Imanishi, J.Yazawa, Y.and Ogata, T.:IMPACT OF HIP JOINT STABILIZATION ON FUNCTIONAL OUTCOME AFTER INTERNAL HEMIPELVECTOMY AND PROXIMAL FEMUR RESECTION USING GAIT ANALYSIS, CTOS 2015 Annual Meeting, November 4-7,Salt Lake City,Utah(America)

レジデント募集

私たちと一緒に働いてみませんか?
ジュニアレジデントはさいたま医療センター規定のスーパーローテートにより研修を行います。住宅も完備された数少ない大学病院です。給与その他は、センターの規定通りです。
シニアレジデントは、整形外科を専攻することになります。経歴等に配慮して研修することになりますので、詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ先   toruakiyama827@jichi.ac.jp  【秋山】

ページの先頭へ