診療科のご案内

後期専門研修を希望される方へ

専門研修プログラムのご案内

臨床

糖尿病、高脂血症、高血圧など生活習慣病は年々増加の一途を辿り、おびただしい数の患者を生んでいます。これらの疾患の適切な管理は原疾患による合併症の抑止にとどまらず、心筋梗塞・脳梗塞や閉塞性動脈硬化症などの心血管系の疾患への進行阻止にも大きな力を発揮します。内分泌代謝科では、これらの疾患の治療を通じて患者のみなさまの予後の向上に努めています。指導医による研修医への1:1の指導を通じて研修医の知識、技能の向上とともに、臨床への興味も引き出せるように努力しています。将来いずれの診療科を専攻するにしても、避けて通れない生活習慣病の臨床を理解することはきわめて重要と考えられます。現在、当センターの糖尿病外来には約2,500名の患者のみなさまが通院しており、十分な臨床経験を積むことが可能です。
内分泌の疾患は、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などにみられます。頻度的には、バセドウ病や慢性甲状腺炎など甲状腺疾患が圧倒的に多いのですが、クッシング病、末端肥大症、下垂体機能低下症、尿崩症などの下垂体疾患、原発性アルドステロン症、クッシング症候群などの副腎疾患、副甲状腺疾患、インスリノーマ、低Na血症、高Na血症、低K血症など種々の原因による水電解質異常などの内分泌疾患も直接ベッドサイドで経験して、診断能力を高めることが大切です。私たちの科では、これら内分泌疾患の診断と治療を通じて研修医の実力を養成し、今後の診療で内分泌疾患を早期発見できる目を養うことをモットーにしております。
さらに、日本内科学会認定医、日本内分泌学会専門医、日本糖尿病学会専門医の試験に対応できる研修指導を行います。

研究について

多くの患者のみなさまに支えられる臨床研究に加えて、基礎的研究にも踏み込んで研修医の研究への関心を高めるよう努力しています。生活習慣病に付随する心血管系や腎の病変、血管生物学vascular biology、血管病態学、水電解質代謝とその異常、腎の尿濃縮機構とバソプレッシンの役割、腎のチャネル、とくにアクアポリン水チャネルの研究、心疾患における神経液性因子の動態、膵β細胞のインスリン分泌機構など幅広い分野で、研究活動を進めています。学会活動では、日本内科学会、日本内分泌学会、日本糖尿病学会、日本腎臓学会、日本高血圧学会、日本動脈硬化学会、米国糖尿病学会、米国内分泌学会、米国腎臓学会などで研究成果を発表しています。また、これらの仕事を着実に論文にまとめるためていねいに指導しています。さらに、研修医の方々が将来行いたい研究分野にも幅広く対応できるように考えて他科との密接な連携をとりながら活動しています。

後期専門研修申込方法等について

連絡先:加計 正文  電話 048-647-2111 内線2200

カンファレンス・連絡会

病棟カンファランス 火曜日 午後4時
病棟回診 水曜日 午後3時
総合回診 水曜日 午後4時
研究カンファランス 金曜日 午後4時

研究実績

  1. Yamada H, Saito T, Aoki A, Asano T, Yoshida M, Ikoma A, Kusaka I, Toyoshima H, Kakei M, Ishikawa SE: Circulating betatrophin is elevated in patients with type 1 and type 2 diabetes. Endocr J 2015;62:417-421
  2. Kurashina T, Dezaki K, Yoshida M, Sukma Rita R, Ito K, Taguchi M, Miura R, Tominaga M, Ishibashi S, Kakei M, Yada T: The beta-cell GHSR and downstream cAMP/TRPM2 signaling account for insulinostatic and glycemic effects of ghrelin. Sci Rep 2015;5:14041
  3. Kanauchi N, Ookawara S, Ito K, Mogi S, Yoshida I, Kakei M, Ishikawa SE, Morishita Y, Tabei K: Factors affecting the progression of renal dysfunction and the importance of salt restriction in patients with type 2 diabetic kidney disease. Clin Exp Nephrol 2015;19:1120-1126
  4. Ito K, Ookawara S, Ueda Y, Goto S, Miyazawa H, Yamada H, Kitano T, Shindo M, Kaku Y, Hirai K, Yoshida M, Hoshino T, Nabata A, Mori H, Yoshida I, Kakei M, Tabei K: Factors affecting cerebral oxygenation in hemodialysis patients: cerebral oxygenation associates with pH, hemodialysis duration, serum albumin concentration, and diabetes mellitus. PLoS One 2015;10:e0117474
  5. Fujiwara T, Yoshida M, Yamada H, Tsukui T, Nakamura T, Sakakura K, Wada H, Arao K, Katayama T, Funayama H, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Kakei M, Momomura S, Ako J: Lower 1,5-anhydroglucitol is associated with denovo coronary artery disease in patients at high cardiovascular risk. Heart and vessels 2015;30:469-476
  6. Fujiwara T, Yoshida M, Nakamura T, Sakakura K, Wada H, Arao K, Katayama T, Funayama H, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Kakei M, Momomura S, Ako J: Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors are associated with improved left ventricular diastolic function after acute myocardial infarction in diabetic patients. Heart and vessels 2015;30:696-701
  7. Yosida, M., K. Dezaki, K. Uchida, S. Kodera, N.V. Lam, K. Ito, R.S. Rita, H. Yamada, K. Shimomura, S.E. Ishikawa, H. Sugawara, M. Kawakami, M. Tominaga, T. Yada, and M. Kakei, Involvement of cAMP/EPAC/TRPM2 activation in glucose- and incretin-induced insulin secretion. Diabetes. 63(10): 3394-403. 2014
  8. Yamashita, T., M. Yoshida, H. Yamada, T. Asano, A. Aoki, A. Ikoma, I. Kusaka, M. Kakei, and S.E. Ishikawa, Prompt efficacy of tolvaptan in treating hyponatremia of syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone (SIADH) closely associated with rupture of a gastric artery aneurysm. Intern Med. 53(8): 845-9. 2014
  9. Yamada, H., M. Yoshida, F. Takayuki, M. Kakei, and S.E. Ishikawa, Case of fulminant type 1 diabetes with coronary microcirculatory dysfunction. J Diabetes Investig. 5(6): 748-9. 2014
  10. Yamada, H., T. Asano, A. Aoki, A. Ikoma, M. Yoshida, I. Kusaka, M. Kawakami, M. Kakei, and S.E. Ishikawa, Combination therapy of angiotensin II receptor blocker and thiazide produces severe hyponatremia in elderly hypertensive subjects. Intern Med. 53(7): 749-52. 2014
  11. Manaka, K., M. Nakata, K. Shimomura, R.S. Rita, Y. Maejima, M. Yoshida, K. Dezaki, M. Kakei, and T. Yada, Chronic exposure to valproic acid promotes insulin release, reduces KATP channel current and does not affect Ca (2+) signaling in mouse islets. J Physiol Sci. 64(1): 77-83. 2014
  12. Yamato Kodera S, Yoshida M, Dezaki K, Yada T, Murayama T, Kawakami M, Kakei M: Inhibition of insulin secretion from rat pancreatic islets by dexmedetomidine and medetomidine, two sedatives frequently used in clinical settings. Endocr J 2013;60:337-346
  13. Ohara-Imaizumi M, Kim H, Yoshida M, Fujiwara T, Aoyagi K, Toyofuku Y, Nakamichi Y, Nishiwaki C, Okamura T, Uchida T, Fujitani Y, Akagawa K, Kakei M, Watada H, German MS, Nagamatsu S: Serotonin regulates glucose-stimulated insulin secretion from pancreatic beta cells during pregnancy. Proc Natl Acad Sci U S A 2013;110:19420-19425
  14. Nakajima K, Oshida H, Muneyuki T, Saito M, Hori Y, Fuchigami H, Kakei M, Munakata H: Independent association between low serum amylase and non-alcoholic fatty liver disease in asymptomatic adults: a cross-sectional observational study. BMJ open 2013;3
  15. Muneyuki T, Sugawara H, Suwa K, Oshida H, Saito M, Hori Y, Seta S, Ishida T, Kakei M, Momomura S, Nakajima K: A community-based cross-sectional and longitudinal study uncovered asymptomatic proteinuria in Japanese adults with low body weight. Kidney Int 2013;84:1254-1261
  16. Kumazaki M, Ando H, Kakei M, Ushijima K, Taniguchi Y, Yoshida M, Yamato S, Washino S, Koshimizu TA, Fujimura A: alpha-Lipoic acid protects against arsenic trioxide-induced acute QT prolongation in anesthetized guinea pigs. Eur J Pharmacol 2013;705:1-10

学会発表

  1. 草鹿育代、山田穂高、吉田昌史、浅野智子、青木 厚、生駒亜希、豊島秀男、加計正文、石川三衛:糖尿病患者におけるCathepsin Kと動脈硬化の関係 第87回 日本内分泌学会総会 2014年4月24-26日 福岡市 日本内分泌学会雑誌 90(1): 275, 2014
  2. 船崎俊介、山田穂高、浅野智子、青木 厚、生駒亜希、石川三衛:低血糖で発症し、プレドニソロンで治療しえたtype B insulin resistanceの1例 第87回 日本内分泌学会総会 2014年4月24-26日福岡市 日本内分泌学会総会 90(1): 276, 2014.
  3. 青木 厚、山田穂高、吉田昌史、浅野智子、生駒亜希、草鹿育代、豊島秀男、加計正文、石川三衛:糖尿病腎症患者における血清Sclerostinの動態 第87回 日本内分泌学会総会 2014年4月24-26日 福岡市 日本内分泌学会雑誌 90(1): 318, 2014
  4. 山田穂高、浅野智子、佐々木正美、青木 厚、生駒亜希、草鹿育代、豊島秀男、加計正文、石川三衛:インスリン治療中高力価の抗インスリン抗体によりDKAに至った2型糖尿病の1例 第87回日本内分泌学会総会 2014年4月24-26日 福岡市 日本内分泌学会雑誌 90(1): 321, 2014
  5. 草鹿育代、山田穂高、吉田昌史、浅野智子、青木 厚、生駒亜希、豊島秀男、加計正文、石川三衛:糖尿病患者におけるHMGB1と動脈硬化の関係 第57回日本糖尿病学会総会、 2014年5月22-24日、大阪市 糖尿病57(Suppl.): S259, 2014
  6. 山田穂高、吉田昌史、伊藤聖学、川上正舒、矢田俊彦、石川三衛、加計正文:GRP40/FFR1を介する新規インスリン分泌メカニズム 第57回日本糖尿病学会総会、2014年5月22-24日、 大阪市 糖尿病57(Suppl.1): S64、2014
  7. 金内則子、長嶺智重子、浪川愛子、猪野瀬渚、椎名美知子、茂木さつき、吉田昌史、生駒亜希、草鹿育代、豊島秀男、伊藤聖学、森穂浪、吉田泉、大河原晋、加計正文、石川三衛、田部井薫:ステージG5 糖尿病性腎症患者の透析導入に至る日数と食塩摂取量の検討 第57回日本糖尿病学会総会、2014年5月22-24日、大阪市 糖尿病 57(Suppl. 1): S265, 2014
  8. 伊藤 聖学1, 大河原 晋1, 宮澤 晴久1, 山田 穂高2, 植田 裕一郎1, 賀来 佳男1, 平井 啓之1, 星野 太郎1, 吉田 昌史2, 名畑 あおい1, 森 穂波1, 吉田 泉1, 加計 正文2, 田部井 薫1 腎臓内科受診による糖尿病性腎症に対する腎機能低下速度抑制の可能性 2014年5月22-24日、大阪市 糖尿病 57(Suppl. 1):
  9. 三ツ橋美幸、大塚潔、生駒亜希、為本浩至、豊島秀男、河野幹彦、加計正文、石川三衛:糖尿病教育入院を経験した患者における血糖自己測定器のエラー表示および略語表示の理解度に関する検討 第57回日本糖尿病学会総会、2014年5月22-24日、大阪市 糖尿病57(Suppl. 1):S270、2014.
  10. 大塚潔、三ツ橋美幸、木村正彦、生駒亜希、為本浩至、豊島秀男、堀口正光、加計正文、石川三衛:糖尿病教育入院患者の療養指導継続に関する検討 第57回日本糖尿病学会、2014年5月22-24日、大阪市 糖尿病57(Suppl. 1): S433
  11. 青木 厚、村田美保、山田穂高、吉田昌史、浅野智子、生駒亜希、草鹿育代、豊島秀男、加計正文、石川三衛:血管内皮前駆細胞は糖尿病性腎症の進展を抑制できるか 第57回日本糖尿病学会総会、2014年5月22-24日、大阪市 糖尿病57(Suppl. 1): S186, 2014
  12. 生駒亜希、山陀穂高、吉田昌史、浅野智子、青木 厚、齊藤智之、草鹿育代、豊島秀男、加計正文、石川三衛:副腎疾患患者にみられる糖尿病の臨床的特徴 第57回日本糖尿病学会総会、2014年5月22-24日、大阪市 糖尿病57(Suppl. 1): S360, 2014
  13. 山田穂高、船崎俊介、浅野智子、青木 厚、吉田昌史、生駒亜希、草鹿育代、豊島秀男、加計正文、石川三衛:低血糖をきたしたtype B insulin resistanceの2症例の呈示と病態のreview. 第15回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会。2014年9月5-6日、さいたま市
  14. 山田穂高、船崎俊介、浅野智子、吉田昌史、生駒亜希、草鹿育代、加計正文、石川三衛:糖尿病患者における新規膵β細胞増殖因子ベータトロフィンとその関連因子の検討。第24回臨床内分泌代謝 Update, 2014年11月28-29日、さいたま市
  15. 内分泌代謝、糖尿病、腎臓領域の学会で以下の研究発表を行った。日本内分泌学会総会10題、日本糖尿病学会総会12題、日本内科学会総会1題、日本腎臓学会総会2題、日本内分泌学会臨床内分泌代謝Update 3題、日本内分泌学会関東甲信越地方会1題、日本糖尿病学会関東甲信越地方会2題、日本肥満学会2題、日本肥満治療学会1題、アメリカ内分泌学会2題、アメリカ腎臓学会2題など。

学会活動

国内

日本内分泌学会・日本糖尿病学会・日本糖尿病合併症学会・日本内科学会
日本腎臓学会・日本高血圧学会・日本動脈硬化学会、日本心血管内分泌代謝学会、日本循環器学会 日本臨床分子医学会 日本病態栄養学会

国外

米国内分泌学会・米国腎臓学会、国際腎臓学会
米国糖尿病学会、欧州糖尿病学会

ページの先頭へ