周産期母子医療センター 母体胎児部門|診療科のご案内|自治医科大学附属さいたま医療センター

診療科のご案内

周産期母子医療センター 母体胎児部門

自治医科大学附属さいたま医療センターに小児科と産科が開設されたのは平成20年10月です。その後、平成22年5月に埼玉県の地域周産期母子医療センターに認定されました。平成25年4月には産科にMFICUが6床新設され、新生児病棟ではNICUを3床から6床に増床して、NICU6床、GCU12床の合計18床で診療しています。平成27年、周産期科が新設され、母体胎児部門と新生児部門が誕生しました。
母体胎児部門は一般的には産婦人科の産科部門と同じです。当センターでは、特にハイリスク妊娠分娩の管理や、胎児の出生前超音波診断を得意としています。埼玉県内の周産期医療を担うため、日夜努力しています。

お願い:メールでのお問い合わせは医師、研修医、医学生を対象としております。診療についてのお問い合わせは当センターホームページの「診療のご案内」をご覧の上、お電話でお願いします。

ページの先頭へ