診療科のご案内

患者のみなさまへ・ご紹介いただく先生方へ

ご紹介を頂く先生へ

新生児をご紹介いただく先生へ

当院の新生児集中治療部は、産科や産院、新生児集中治療室に準じるような感染防御がされている施設から直接搬送されてくる患児を中心に診療しております。そのため、当院の病棟を感染症から守るために、一度でもご自宅など医療施設外へ退院された方の入院は制限しております。
一度退院された患児の場合、当院の小児科にて診察しますので、小児科の当日担当医へご連絡・ご相談下さい。

現在NICU、又はGCUに在院中で、当院へ転院搬送をお考えの先生へ

当院の近隣(さいたま市)に住所を持つご家族で、患児の退院にむけて準備が必要な患児の転院入院をお受け致します。なお、感染防御がされている施設に在院している場合に限ります。
新生児集中治療室への入室が必要ない場合や、一般小児病棟からの転院入院は当院の小児科病棟でお引き受けしますので、小児科病棟(3A)医長へご連絡・ご相談ください。

入院されていた患児が退院し、その後の乳児検診やフォローアップをご紹介いただけます先生へ

当院の近隣に住所(さいたま市)がある患児のフォローアップをお引き受けいたします。その際にはお手数ですが、入院経過概要と紹介状をご家族に持参していただきますようお願いします。なお、フォローアップ外来は曜日と時間が決まっておりますので、ご家族には受診される前に、お電話で外来受診の予約をされるようお伝えください。また、シナジスを除いた一般の予防接種は、かかりつけ医をお作りいただき、お受けくださるようご家族にご指示ください。

入院診療

当センター新生児部門では、在胎週数30週以上、出生体重1000グラム以上を入院対象としています。より早産で出生した新生児や、外科的疾患を合併した新生児は、対応可能な他の高次医療施設へ転院搬送としています。
ヒトは、胎児として母体に宿り、出生して新生児、乳児、幼児と育っていきます。医療側から見ると、産科→新生児科→小児科と移り変わっていきます。当センターの産科病棟はNICU・GCUと同じフロアにあります。胎児として入院し、出生、新生児という一貫した診療を行う事ができ、新生児科医、小児外科医、NICUスタッフによる胎児診断やプリネイタル・ビジットが行われています。産科側からも、両親の要望に応じて分娩前のNICU・GCU見学が行われています。
小児科病棟との連携も開始し、長期入院となってしまう児や在宅医療が必要な児、再入院が必要となることが予想される児においては退院準備を小児科病棟で行うようにしており、児と家族と小児科病棟スタッフとの信頼関係を構築できるようにしています。
平成26年からは臨床心理士が配属され、お子さんを中心とした家族に積極的な関わりをもつケアを行っています。

外来診療

当センターで出生した新生児は、定期的なフォローアップを行っています。また、里帰り分娩で県外の病院で出生したNICUの卒業生や、県内に転居してきた子供たちの診察もしています。

NICUフォローアップ外来

全て予約制になっています。
NICUフォローアップ外来:佐藤(洋)、谷口、佐藤(有)、本間
小児外科外来:池田、細川
発達外来:森
発達検査外来:馬場、星野

医師名
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
佐藤 洋明            
谷口 周平                  
池田 太郎                
佐藤 有子     第2 第2            
本間 洋子                  
1ヶ月健診                  
発達外来       第1・3            
発達検査外来                  

診療実績

入院総数

入院総数

2010年から地域周産期医療センターとして開始しました。ここ数年は300人以上が入院しています。


出生場所

出生場所

全入院患児数に対する院内出生数の割合は50%を超え、年々増加傾向です。

多胎児

多胎児

当院は産科病棟が併設されているため、多胎妊娠母体が入院してきます(全てが双胎妊娠)。多胎妊娠母体が多く入院してくるのが産科施設を持つ周産期施設の特徴でもあります。最近は、新生児治療室への入院患児総数に対して、10%前後が多胎児となっています。

入院経路

2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
入院総数(再掲) 163 235 321 369 301 360 280
新規入院数 159 231 318 359 293 353 271
院内再入院数 0 0 0 0 2 3 1
転院入院数 4 4 3 10 6 4 8
うち戻り搬送事業数 - - - 2 2 2 1

「新規入院数」とは初めて入院した患児数。「転院入院数」とは他の新生児集中治療施設からの転院入院患児数。
「戻り搬送」とは埼玉県の戻り搬送事業の対象患児数(埼玉県内の周産期施設が満床のために東京都内の周産期施設に搬送された症例で、患児の状態が安定してから埼玉県内へ逆転院搬送する埼玉県の事業)。

当院へ搬送入院となった搬送元の地域(院外出生児の発生地域)

院外出生児の発生地域

当院は埼玉県の地域周産期母子医療センターとして、県央・利根地域を担当しています。しかし埼玉県内の周産期に関わる医療資源は限られており、有効活用のために他の周産期施設と協力し、幅広く受け入れや病院間搬送を行っています。
当院は新生児ドクターカーを持たないため、埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科のドクターカーによる三角搬送、または消防署の救急車により搬送されます。

新規入院 出生週数構成

新規入院 出生週数構成

当センターへの入院基準は在胎30週以上であるため、正期産児(在胎37~41週で出生した児)が半数以上を占めています。後期早産児(在胎32~36週で出生した児)は、全体の3割強を占めています。この割合はあまり変化を認めません。

新規入院 出生体重構成

新規入院 出生体重構成

Macro:巨大児(出生体重4,000g以上)、Nor:正出生体重児(出生体重2,500~3,999g)、LB:低出生体重児(出生体重1,500~2,499g)、VL:極低出生体重児(出生体重1,000~1,499g)、EL:超低出生体重児(出生体重 1,000g未満)。
当センターへの入院基準は出生体重1,000グラム以上としているため、正出生体重児が半数以上を占めています。これらの割合もあまり変化を認めません。

転帰

年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
生存退院 157 227 311 359 287 351 272
治療転院 6 8 8 10 10 9 7
死亡退院 0 0 2 0 4 0 1

殆どの子供たちは元気に帰っていきますが、どうしても助けられないお子さん達がいます。


実施中の臨床研究

自治医科大学附属さいたま医療センター周産期科新生児部門では、赤ちゃん達にとって「最新で、最善の医療とは何か」を追求するために研究を行っています。研究には、実際に行う診療の中であらかじめ同意をいただいて進める前方視的研究と、既に行った診療を振り返って調査していく後方視的研究があります。後方視的研究の場合には、患者さんに新たな負担が加わることははありませんし、研究の成果を発表する際には個人が特定されない方法で処理を行いますので個人のプライバシーは保護されます。しかし、もし診療データの使用に同意されない場合は、以下にご連絡下さい。その場合、研究の対象から除外させて頂きます。その場合、当センターにおける患者様の診療・治療の面で不利益を被る事はありません。
連絡先メールアドレス:perinatal_nicu@jichi.ac.jp

現在実施中の臨床研究

  • 研究名:後期早期産児における経腸栄養計画が及ぼす影響の研究
  • 研究対象者:2013年4月から2014年3月の間、当院NICU・GCUに入院した後期早期産児(在胎週数34週から36週で出生した新生児)。
    研究目的:赤ちゃんの発育、発達において栄養が必須であることは言うまでもありません。ただし、集中治療室に入院する赤ちゃん達の場合、なかなか栄養が進まない時があります。栄養が進まない場合、予後に影響を与える可能性があります。そこで当科における赤ちゃんの栄養計画と入院経過を調査し、関連性を見いだすことが目的です。
    研究方法:過去の診療録から入院期間中の栄養計画や、赤ちゃんの合併症や体重の増え方、在院日数を調査します。出生週数や出生体重、出産前の母体の診療情報を加味し、その関連性を統計学的に調査します。本研究のために日常の診察行為以上の事がなされる、又は、なされたことはありません。
    研究終了予定:2017年3月31日
    研究担当者:佐藤洋明


  • 研究名:当院新生児集中治療室における入院から初回面会までにかかる時間の考察
  • 研究対象者:2015年4月から2018年12月の調査期間に当院NICU・GCUに入院した新生児。
    研究目的:出産とは本来おめでたいことです。しかし、何らかの問題で医療サポートが必要な場合、NICUに入院となります。赤ちゃんはものを言いませんので、病状の把握のためには様々な検査を行ないます。また、点滴一つにとっても成人と違って非常に手間がかかります。そのため、入院してからご両親への説明やご面会までには相当な時間がかかってしまいます。我々はお子様を心配に思うご両親の気持ちを考えると、1分でも早くお子さんに面会して頂きたいとも考えております。そこで具体的に「どれくらいの時間がかかっているのか」「どうしたら時間短縮をできるのか」を調査します。
    研究方法:過去の診療録より、入院からご両親の面会までの時間を調査します。同時に、その間に行われた検査や処置の種類も調査します。これらの項目を統計学的に集計します。本研究のために日常の診察行為以上の事がなされる、又は、なされたことはありません。
    研究終了予定:2018年3月31日
    研究担当者:佐藤洋明

    ページの先頭へ