自治医科大学-JICHI MEDICAL SCHOOL
ベーシックコースの概要と特徴 アドバンストコース Q&A 地域研修医療機関 情報・照会 リンク HOME
 

地域医療後期研修プログラムアドバンスコース

 地域医療・家庭医療・総合診療などのプライマリ・ケア分野の実践経験を踏まえ、さらに優れた実践能力を身につけると同時に、この分野の人材育成に取り組むための教育・指導・評価や、企画・調整能力の涵養をはかり、将来、医育機関や地域の中核的医療機関での指導教育にあたる指導者を養成する、指導医養成プログラムです。2015年までのアドバンストコースを改称しました。
アドバンストコース誕生の背景
 我が国の健康問題は高齢化に伴う慢性疾患の増加と複雑化を呈しており、患者の病気だけでなく、地域住民の生活をも総合的に診ることのできる医師へのニーズが高まっています。
 自治医科大学は、総合的な医療を提供するほか、保健・福祉・行政と連携し、家庭・地域へもアプローチする感性や能力を備えた「総合医」を提唱し、創立以来、その養成に努めてきました。現在では、「総合医」を養成する能力を備えた指導者が求められるようになりました。そこで、既に、「総合医」として活動してきたスタッフによる教育の経験と実績を生かし、「総合医」養成のための2年のコースを創設しました。これにより、指導者の確保及びその質の保証が図られます。
アドバンストコースの目的
 自身が総合医として一定のレベルを獲得し、かつ地域医療を志す医師を「総合医」として養成する能力を備えた指導者の育成。
アドバンストコースのゴール(個別目標:SBO)
I 総合医について説明することができる → 総合医療の基本要素
1.総合医の概念を説明することができる。
  2.総合医の10の基本要素を説明することができる。
  3.総合医が重視する活動内容を説明することができる。
  4.総合医の質を保証する学問的手法・学問体系を説明することができる。
U 総合医に特徴的な活動を伝えることができる。
  1.総合医活動を通した、地域の特性に応じ地域住民の実情に即した、より良い医療サービスの提供
  2.地域包括ケア、地域づくりの推進
  3.患者及び地域住民との良好なコミュニケーションに基づく、健康問題やニーズへのアプローチ
  4.Evidence-based Medicine(EBM)を有効に取り入れた、患者及び地域の健康問題へのアプローチ
  5.代表的な日常問題や日常病について、質の高い診療を行うために常に備え対応すること
  6.地域医療現場にて重要でニーズが高い検査及び処置の実施
  7.在宅ケアの実施
  8.地域住民や消防署員を巻き込んだ初期救急医療の実施と体制作り
  9.地域の健康問題やニーズをテーマにした臨床研究の計画と実施
V総合医を教育・養成することができる。
  1.成人学習理論の概要を説明することができる。
  2.地域、医療機関に応じたプログラムを作成することができる。
  3.学生、研修医が対象の授業、実習、研修会を企画・運営することができる。
  4.Faculty developmentが対象の研修会を企画・運営することができる
  (医学教育実践クラークシップ)。
  5.適切なフィードバックを行うことができる。
  6.一人一人を見守り、相談に乗り、適切な助言を行うことができる。
教育方略・資源「必須事項」
1.プログラム参加者は、下記の講習会・研修会への参加を必須としています。(修了者は免除)
  1)健康福祉プランナー養成塾(地域社会振興財団)
  2)循環器予防セミナー(日本循環器予防研究協議会) <SBOU-1,3,8参照>
  3)ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)講習会 <SBOU-5,7参照>
(日本ACLS協会<アメリカ心臓協会日本支部>)
  4)JATEC講習会(日本外傷診療研究機構<日本救急医学会、日本外傷学会など支援>)
またはPTLS(Primary care Trauma Life Support)講習会 <SBOU-5,7参照>
2.プログラム参加者は、人数×時間が100以上の学生教育への参加も必須です。
 <SBOV-1,3,5,6参照>
3.プログラム参加者は、1編以上の学術論文の投稿が義務付けられています。
 <SBOU-8参照>
4.プログラム参加者が、自治医大内でローテーション研修を受ける期間には、
 6か月以上の附属病院総合診療部勤務を含むものとします。(2010年度より適用)
 
教育方略・資源「オプション」
   プログラム参加者は、それぞれの経験や将来のキャリア形成の目標に応じて、下記のような研修をオプションで計画することができます。
  1)ローテート研修(含む技術研修) <SBOU-5参照>
  2)院外地域医療活動 <SBOU-1参照>
  3)海外短期留学(家庭医療学、老年医学、公衆衛生学、臨床疫学、行動科学ほか)
期間
  2年間
   内 訳自治医大内ローテーション2年
   または自治医大内ローテーション1年+地域医療機関1年
   または自治医大内ローテーション6か月+地域医療機関1年6か月
   *2010年度から、自治医大内に勤務する場合は、6か月以上、付属病院総合診療部の診療にあたっていただくことになりました。
 *地域医療機関勤務中は、自治医大研究生として登録していただきますが、研究生としての学費は免除します。
評価
 プログラム参加者は、外部評価者を交えた評価委員会に進捗状況を報告し、定期的な評価を受け、部門長・教員、プログラム参加者による双方向性評価を行います。
 最後の概ね3か月は地域医療学センター地域医療学部門で振り返り及びまとめの作業を行います。
 プログラム修了者には、自治医科大学が修了証を発行します。
アドバンストコース=公募対象
 自治医科大学の卒業生(「後期研修」者または義務年限終了者)および一般の医師で、地域医療に3年以上従事した医師で、「総合医」の養成・指導に現在従事しているか、または今後重視する見込みの方
★「後期研修」:自治医大卒業後の義務年限の後半に設定されている研修
★資格審査があります。
★まずは、メールでご相談ください。
修了者に想定される勤務場所や身分
 都道府県立中央病院等、中核的な病院における臨床研修センター、総合診療部の指導医地域の中核病院、中小病院及び診療所の指導的立場の総合医、大学病院における臨床研修センター、総合診療部、地域医療系講座の教員地域医療の充実や総合医養成等、地域医療政策に関わる自治体の行政職
例:道府県へき地医療支援機構専門官、寄付講座「地域医療学」教員
★このようなポストで活躍する医師は、現在、絶対数が不足しています!
修了者の進路(実績)
2008年3月修了
・自治医科大学地域医療学センター地域医療学部門助教
・徳島県木屋平村診療所長
2011年4月〜
・山口県立総合医療センターへき地医療支援部
・公立浜坂病院
・札幌医大地域医療総合診療学教室
2015年4月〜
・公立豊岡病院
2016年4月〜
・国民健康保険大間病院
 
このページの最初へ
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1 自治医科大学地域医療学センター地域医療人材育成部門
TEL:0285-58-7498 FaX:0285-40-5160 E-mail:
*2006年1月10日河内郡南河内町と下都賀郡石橋町・国分寺町が合併して下野市になりました。