自治医科大学-JICHI MEDICaL SCHOOL
ベーシックコース アドバンストコースの概要と特徴 Q&A 地域研修医療機関 情報・照会 リンク HOME
 
 

地域医療後期研修プログラム ベーシックコース(後期研修・生涯研修)

  >>研修医の声はこちら
研修目標
 当プログラムでは、個別目標の項目すべてについて、半年に1回、自己申告と指導医のチェックを4段階(独立してできる、助けがあればできる、見聞きしたことはある、見聞きしたこともないなど)で行い、不足した部分について、次のクールで研修するようにしています。
一般目標

当プログラムを修了した時点で、地域住民と患者のニーズに的確に応え、合理的で温かな、信頼される保健医療サービスを自ら提供できるようになり、介護や福祉・産業振興・文化まで含めた幅広い分野のひとびとと協働できる医師となること。

個別目標
  1. 診療
    • 診療所や中規模病院で外来診療を自立して行うことができる。
    • 中規模病院での当直が自立してできる。
    • 上部消化管内視鏡検査(スクリーニング)が自力で行える。
    • 腹部超音波検査が自力で行える。
    • 入院患者の管理を自立して行うことができる。
    • 根拠に基づいた診療が実践できる。
    • 地域や家庭を視野に入れた診療ができる。
    • 職員と良好な人間関係を維持することができる。
  2. 地域包括ケア
    • 地域包括ケアの概念を述べることができる。
    • 在宅医療の導入と展開が自力でできる。
    • 多様な専門職の特性と能力を理解し、協力してケアを行うことができる。
    • 保健・介護の専門職に対し、的確な情報提供を行うことができる。
    • 介護保険の利用について概要を述べることができる。
    • 他の医療機関との間で的確な情報交換ができる。
    • 地域住民と良好な関係を築き、地域包括ケアを展開することができる。
  3. マネージメント
    • 医療機関の経営について意見を持ち、提言することができる。
    • 医療安全活動と医療の質の向上に寄与する活動において中心的な役割を担うことができる。
    • 院内感染と感染症治療、予防について的確な判断と行動ができる。
  4. 生涯教育
    • 地域で求められる新たなニーズに応じて自ら積極的に学習に取り組むことができる。
  5. 教育指導
    • 研修医・他の医療専門職に対し、教育活動を企画し、実行できる。
  6. 研究活動
    • 地域のニーズに沿った研究テーマを見出し、日常的に研究活動を行うことができる。
    • 地域医療、家庭医療またはプライマリ・ケアの学会あるいは学術雑誌上で定期的に研究成果を発表することができる。
  7. 自己実現
    • なりたい自分を想定でき、それに向かって着実に行動することができる。
    • 喜びを持って研修を行えるよう、自らを変革し、環境に働きかけることができる。
 
このページの最初へ

研修コンテンツとローテーション

当プログラムでは、臨床研修を修了した3年目の医師向け「家庭医療専門研修コース」と臨床経験5年以上の医師向け「生涯研修コース」を用意しました。講座・医局に所属せず、自治医科大学附属病院長・研修管理委員会直属です。

日本プライマリ・ケア連合学会認定後期研修プログラムVer.2としての研修とするには、内科6か月、小児科3か月、救急3か月相当、に加え、診療所または中小医療機関での「総合診療専門研修 I」6か月以上、病院総合診療の「総合診療専門研修 II」6か月以上の合計で18か月以上研修することが求められています。詳細は日本プライマリ・ケア連合学会の認定制度のサイトの要綱と細則をご覧ください。

新臨床研修修了者 後期研修コース3年 定員6名
1年目
2年目
3年目
自治医大病院 *1 *1 地域研修医療機関*2 地域研修医療機関*2
総合診療内科 選択 救急 内科 総診 小児科 小病院または診療所
6か月 3か月 3か月 6か月 6か月 3か月 6〜9か月
専門II 選択 必修 必修 専門II 必修 専門I
 *1 自治医大内外で選択可能です。
 *2 自治医大以外の医療機関での研修です。
 注1 自治医大総合診療内科から始まるほかは、順不同です。
 注2 地域研修医療機関の選択はマッチングによります。
臨床経験5年以上の医師 生涯研修コース2年 定員2名
1年目
2年目
自治医大病院
地域医療機関
病院・診療所
総合
診療内科
選 択
*附属さいたま医療センター(さいたま市)での研修も可能です。
 
ローテーションの実際例1
12年卒14年から家庭医療専門研修コース
総診病棟3ヶ月→総診外来3ヶ月→循内3ヶ月→消内3ヶ月→石岡第一病院1年→石岡第一病院小児科3ヶ月→石岡第一病院整形外科・その他3ヶ月→総診外来3ヶ月→救急3ヶ月
ローテーションの実際例2
08年卒15年から家庭医療専門研修コース
総診病棟3ヶ月→エコー3ヶ月→皮膚科1ヶ月→放射線科1ヶ月→総診3ヶ月→石岡第一病院1年→村立東海病院6ヶ月(予定)
ローテーションの実際例3
13年卒15年から家庭医療専門研修コース
総診病棟2ヶ月→アレリウ2ヶ月→腎内病棟1ヶ月→透析1ヶ月→救急3ヶ月→芳賀赤十字病院小児科3ヶ月→那須南病院1年→石岡第一病院6ヶ月(予定)
このページの最初へ
地域医療後期研修プログラムのここが違う!
地域医療共通必修カリキュラム(自治医大附属病院)

自治医大附属病院研修中には、当プログラム全員を対象にした次のような共通必修のカリキュラムが用意されています。また、各科のカンファランスに参加できます。

・心肺蘇生法 ・外傷初期診療 ・感染症対策 ・感染症治療 ・医療安全活動 ・TQC ・危機管理 ・予防医学 ・疫学 ・臨床疫学とEBM ・チーム医療の実践と組織論
これまでの主な実績
・認知症のみかた入門講義
・PTLS(プライマリ・ケア外傷蘇生コース)受講
・PubMedを使った文献検索演習
・医学中央雑誌Web版を使った文献検索演習
・地域医療の報道を考える(2回)
・臨床推論 診断を正しく進めるプロセス
・総合医に求められるプロフェッショナリズム
・エコー使いまくりセミナー
 専門医が多数いる大学ですから、心肺蘇生法や外傷初期診療も学べ、手薄になりがちな感染症や医療安全活動・危機管理も身近になります。また、地域医療学部門で蓄積した予防医学・疫学・臨床疫学と EBMのノウハウに直接触れることができます。
現地体験(短期地域医療)カリキュラム
・自治医科大学附属病院研修中に地域研修医療機関を選び、 3-5回実施されます。
・地域研修医療機関に 2〜5日間、勤務します。
・この間に研修目標を修正し、研修内容に反映させます。
・研修医と医療機関の間で相互に評価し、後半の研修先選択の判断材料とします。
 地域医療という設定は、大学病院とは大きく異なります。せっかく地域医療を志して研修しようとしても、大病院でのつぎはぎのローテーションでは違うものを学ぶことになってしまいがちです。泳ぎを習うには水の上で。大学病院にいる間も地域研修医療機関での経験を積み、地域のニーズに気づき、それに十分応え得る能力を身につける動機付けにします。同時に、地域と地域医療機関を見る眼を養います。また、研修医と医療機関の間でマッチングに備えた相互評価の機会になります。
研修プログラムの自由度とマッチング
・現地体験(短期地域医療)プログラムの経験により、地域のニーズを把握し、将来の地域医療実践の必要性と各自の能力に応じ、選択など研修内容をカスタマイズします。
・短期地域医療機関体験プログラムの評価をもとに相互で希望をとり、マッチングで後半研修医療機関を決定します。
 多くの後期研修プログラムでは、いわゆる「入局」を前提としており、将来のポストが約束される代わりに、教授の意向や大学の委員会の決定に従って辞令による転勤があります。このしくみは、大学以外の病院に安定して医師を供給するとともに、医師のキャリアパスを形成していました。
 しかし、これでは、医師個人と、医師を採用する医療機関に就職と雇用の選択が全く保障されていませんでした。ミスマッチが当然起こる制度です。そこで、医師は大過なく過ごし、医療機関は不満を抱えつつも、互いに次の人事の季節まで耐えるしかなかったわけです。しかも医師には地域の実情に即した医療を提供するための研鑚をする動機が起きにくく、医療機関には待遇を改善する動機が起きにくかったのです。
 マッチングでは、医師には知識や技能など資質の向上が、医療機関には待遇の改善や経営ビジョンの確立が要求され、互いに緊張感をもった就職/採用が実現します。これによって研修・勤務内容、提供する医療の質が向上することが期待できます。
研修プログラムの個別相談・指導
 レジデントのひとりひとりと個別に面談し、研修内容・研修施設・目標について相談に応じ、将来の働き場所を見据え、キャリア形成のための指導・助言を行います。
地域研修医療機関の指導医のもとで研修
・地域医療の先進的医療機関であり、良質な研修環境が保障されています。
・優れた指導医のもと、プログラムに基づいた研修が行われます。
・指導医と研修医・地域医療機関の間で相互評価を行います。
・地域医療機関から給与が支給されます。
・自治医大が代診や研修不足分野について直接支援します。
このページの最初へ
研修プログラムの発展と充実のために
レジデント研修報告会
研修医・指導医が年2回、一堂に会して研修報告会を開催します。研修医は、自身の経験、能力、研修環境、指導医などについて報告し、指導医はそれに評価を加え、研修医のさらなる向上とプログラム全体の改善のためにフィードバックします。将来このプログラムへの参加を考えている方は、この報告会を見学にきてください。長所も短所も含め、プログラムの全貌が理解できます。
研修管理委員会
病院長の元に置かれ、プログラムの管理をします。
プログラム責任者
研修医・指導医と個別に相談に応じ、しっかりサポートします。
地域研修医療機関訪問=サイトビジット
自治医大の研修プログラム責任者(教員)が、研修医のいる地域研修医療機関を訪問し、研修の進み具合や、研修環境の実情、住環境などを直接見て向上のために努力します。
プログラム評価委員会
医師・看護師・行政の立場を代表する外部委員により、プログラムの妥当性や効果を評価、勧告していただきます。

2017年2月16日のプログラム評価小委員会のまとめ
レジデント研さん会(通称 ワークアウト)
 レジデント自身の問題意識を踏まえ、レジデント自身のイニシアティブにより、3か月に1回のペースで行われる、1泊2日のワークショップです。このプログラムでは、レジデントが全国各地や米国の医療機関で研修するため、互いが一緒に働く機会が少なく、それぞれが孤立してしまうおそれがあります。また、共通して習得すべき知識や技能が研修環境によって不足する事態も懸念されます。そこで、レジデントが定期的に一堂に会し、短時間ですが、生活することによってリフレッシュされ、目標を見失わないようにするために、このような研さん会を始めました。
 第1回は、09年9月12日(土)13日(日)、中禅寺湖畔の自治医大日光研修所を会場に行われ、レジデント5名、指導医2名、事務職員1名が参加しました。
 第2回09年12月18日(金)19日(土)自治医大内、第3回10年2月27日(土)28日(日)茨城県・大洗、第4回10年6月11日(金)12日(土)自治医大内:この様子は、10年6月26日(土)第1回プライマリ・ケア連合学会(東京フォーラム)のポスターで発表されました。第5回以降は次のとおりです。
 第5回10年9月24日(金)25日(土)宇都宮市新里・ろまんちっく村、第6回10年12月18日(土)日光市・日光総合会館、第7回11年3月5日(土)自治医大内、第8回11年6月25日(土)自治医大内、第9回11年10月1日(土)2日(日)新潟県湯沢町、第10回11年12月17日(土)自治医大内、第11回12年3月11日(日)自治医大内、第12回12年6月30日(土)自治医大内、第13回12月15日(土)東京、第14回13年3月10日(日)自治医大内、第15回6月29日(土)自治医大内、第16回10月5日(土)自治医大内。
 第17回は13年12月21日(土)栃木県内で開催予定です。
このページの最初へ
その他の情報
定 員
・家庭医療専門研修コース 6名/年 3年間
・生涯研修コース 2名/年 2年間
2017年2月現在、日本専門医機構による総合診療専門研修を準備中です
待 遇
・当プログラム研修管理委員会所属シニアレジデント、私学共済(健康保険・年金)加入
・自治医大での研修中520〜560万円/年(法定福利費除く。別途宿日直手当て等あり)
・地域研修医療機関での研修中は、当該医療機関規定により800〜1300万円/年(同)
それぞれの医療機関の健康保険・年金制度に加入
住 宅
・自治医大付属病院 近隣にマンション・賃貸住宅が多数あり、新築レジデント用宿舎も敷地内にあります。冷暖房・LAN完備・駐車場付きで家賃約1万円。周辺は、新興住宅地で、コンビニ・スーパー・ファミレス・CDレンタル店・DIYショップ・大型家電量販店・郊外型ショッピングセンターなどがあり、便利です。
周辺交通事情
・JR自治医大駅から最速到達所要時間
  宇都宮まで16分(320円)、上野まで普通で86分(1,490円)。
  東京まで上野東京ライン普通で乗換なし93分、品川まで118分(各1,660円)。
  東京まで東北新幹線利用で63分(3,710円)。
  新宿まで湘南新宿ライン普通で93分(1,490円)。
・東北自動車道 鹿沼ICまで25分、栃木ICまで20分。
・北関東自動車道 宇都宮上三川ICまで20分。
家庭医療専門研修コース・生涯研修コース修了後の進路(2015年4月13日現在)
*は日本プライマリ・ケア連合学会「家庭医療専門医」取得者
2008年9月生涯研修修了1名
 ・石川県内自治体病院内科勤務
2009年3月後期研修修了2名
 ・国立T大学内科関連病院勤務
 ・湘南地域で在宅医療専門クリニック開業*
2010年3月後期研修修了4名
 ・岡山県新見市哲西町診療所長
  →2015年4月1日から自治医科大学附属病院総合診療内科*
 ・国立T大学総合診療グループ関連施設勤務(アドバンストコース修了後)*
 ・湘南地域で在宅医療専門クリニック開業*
 ・青森県私立病院勤務*
2010年9月生涯研修修了1名
 ・都内診療所勤務→兵庫県内診療所勤務
2011年3月後期研修修了1名
 ・埼玉県内で、リハビリテーション・在宅医療*
2013年3月後期研修修了1名
 ・新潟県湯沢町湯沢保健医療センター勤務→
  2013年10月7日から南魚沼市今泉記念館ゆきあかり診療所 管理者*
このページの最初へ
研修医の声
公立多良木病院での研修
熊本県 公立多良木病院内科 鈴木 忠広
(05年卒業07年から当プログラムで後期研修開始、
10年3月ベーシックコース後期研修修了)
 
 自分は、自治医科大学地域医療後期研修に所属し、医師4年目で、熊本県にある公立多良木病院で1年間研修させていただきました。
 地域医療に興味があり、総合的な診療の力を身につけたいと思い地域医療後期研修に所属しました。地域医療を学びたいこと、循環器も学びたいことを自治医大卒業の先生にご相談したところ、熊本県公立多良木病院を紹介していただきました。
 多良木病院は、熊本県下でもっとも歴史の古い自治体病院で、病床数199、診療科16を有する中核病院です。研修内容は、以下の様なスケジュールで行いました。外来は初めての経験であり、救急外来も一人当直(3〜4回/月、他に内科待機あり)は初めての研修でした。診療所(病院から車で30分)、往診(担当:3世帯)も初めての経験でした。
 自分は経験、知識もないため、わからないことがあれば、すぐに他の先生方に相談し手いましたが、丁寧にご指導していただきました。研修医ではなく、一人の医師としてみてくださり、何でも最初にさせていただけたので、ある程度の度胸、手技が身についたと思います。
 循環器を中心に研修させてもらいましたが、外来、入院は、内科一般の疾患は経験することができました。心臓カテーテル検査なども積極的に指導していただき、1年間で、多くの症例を経験させていただきました。また、自分の希望で、上部内視鏡も研修させていただくことができました。救急外来では、内科、外科、外傷など多く経験できました。
 自分と同じように地域医療に興味があり(診療所、往診)、度胸、手技、診断能力などを身につけたいと思われておられる先生方には、多良木病院での研修をお勧めいたします。
 
午前 研修 エコーなど 外来 救急当番 上部内視鏡
午後 研修 診療所 病棟 心臓カテーテル検査 救急当番
自治医大地域医療後期研修プログラムの魅力
大川村国保小松診療所/嶺北中央病院内科 下川広治
(05年卒業07年から当プログラムで後期研修開始、
10年3月ベーシックコース後期研修修了)
 このプログラムに参加して2年目、医師4年目の下川広治といいます。高知県土佐郡大川村にある、大川村国保小松診療所ととなりの長岡郡本山町にある嶺北中央病院に併任という形で、勤務をしています。高知県に来て、2年目、大川村の診療所で働きはじめて、3ヶ月。たいへんなこともありますが、日々楽しく、充実しています。このような仕事をする機会をあたえてくれた、このプログラムにはとても感謝しています。今回は、このプログラムの魅力を簡単に紹介したいと思います。
マッチング制度
 現在の高知県で勤務しているのは、自分の希望と受け入れ側の高知県の希望がマッチしたからです。そう、みなさんが、初期研修先をきめたときにつかった、あのマッチングです。このような制度をもっている後期研修プログラムを非常に少ないと思います。「自分の行きたいところを選ぶことができる」と「ある程度希望はきいてもらえる」は、かなりの違いがあります。最終的な決定権が、自分とその働く施設にあるか、それとも、プログラムを運営している機関にあるかの違いです。
 地域医療はとても多様性に富んだ分野だと思います。施設による違いが大きいです。そのため、自分が研修したい施設を選べる(厳密には、研修希望先にも選んでもらわなければなりませんが・・・)ことはとても重要です。高知にきて、1年以上がたち、本当に私は高知にマッチしていたと感じます。今のような研修ができているのも、高知県に来ることができたからです。日本全国の力的な施設の中から、高知を選ぶことができて本当によかったと感じています。
A.研修のフレキシビリティー
 柔軟性もこのプログラムの魅力だと感じます。柔軟性に富んでいるため、自分自身の選択、働きかけにより、随分と研修内容がかわります。通常のプライマリケア診療に加えて、研修医ごとに研修していることが大きくことなります。例えば、私の同期では、ある先生は、心カテをやっていますし、ある先生は、内科希望であるのに、腹腔鏡手術をこなしていたり、ある先生は、来年からアメリカに渡ります。私自身は、診療所で日々外来をこなしながら、週に1回は保健所研修という形で、自分のいる村・地域の医療行政に少しずつ参画しています。同じプログラムで、ここまでの多様性かつ柔軟性をもっているものは非常に珍しいと思います。
B.研修後進路の多様性
 市中病院ベースの後期研修の場合、研修終了後はどうしようかと不安を覚えると当然だと思います。このプログラムは、自治医科大学付属病院のプログラムであるため、研修終了後の選択枝も広範に用意されています。終了後に、地域の医療機関に残ることもできますし、地域医療のアドバンストコースにすすむこともできます。また、自治医大にもどり、専門医の道をすすむこともできます。その病院に残るか、去るかの二者択一ではなく、それぞれの将来像にあわせた進路を選ぶことができます。
 まだまだ、このプログラムには魅力があります。興味のある方は、ぜひ、高知県に遊びに来てください。カツオのたたきと大川牛をご馳走しますよ!
このページの最初へ
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1 自治医科大学地域医療学センター地域医療人材育成部門
TEL:0285-58-7498 FaX:0285-40-5160 E-mail:
*2006年1月10日河内郡南河内町と下都賀郡石橋町・国分寺町が合併して下野市になりました。