自治医科大学 医学部 環境予防医学講座

Dpartment of Environmental and Preventive Medicine,
School of Medicine, Jichi Medical University

沿革

 昭和48年、開学とともに衛生学教室が開設され、初代教授として、野見山一生(のみやま かずお)先生が赴任した。野見山教授は野見山紘子講師とともに教室を運営し、多くの重金属、有機溶剤に関する先見的な研究を行ってきた。その間、大久保利晃(前産業医科大学学長、現(財)放射線影響研究所/所長)、日下幸則(福井大学/医学科/国際社会医学/環境保健学/教授)など多くの有能な研究者、衛生・公衆衛生学者を育成した。

 平成8年には、香山不二雄が助教授として赴任し、環境ホルモンや重金属の研究を行った。平成11年3月に野見山教授の退職後、引き続き香山が2代目衛生学教室の教授として昇任した。

 平成11年7月には、大講座制移行のため、衛生学教室と公衆衛生学教室が合併し、保健科学講座(環境免疫学・毒性学部門)となり、香山が主任教授となった。平成16年4月には、社会医学系の4講座と地域医療学講座を改組し、自治医科大学地域医療学センターを設立し、旧衛生学教室は、環境医学部門となった。その間、科学技術振興事業団 戦略基礎研究「内分泌かく乱物質」や「食品中カドミウムの安全性評価」に関する研究を主体として行ってきた。

 平成22年4月には、当部門は医学部の大講座、薬理学講座の中の一部門、環境毒性学部門として再出発となった。今後、これまでと同様に、学内外の共同研究者と、実験研究を主体としながら、環境汚染物質に関わる疫学研究も平行して実施している。

トップページ

ご挨拶

沿革

メンバー紹介

研究

教育

学会・セミナー   活動

業績

アクセス

リンク集

自治医大HPへ