入試案内

HOME > 入試案内 > 医学部入試案内 > キャンパスライフ > 学生の一日

学生の一日

キャンパスライフ

自治医科大学での生活は、決して医学の学習だけに終始するものではありません。
新入生のサポートや寮生活に関する学生支援から、部活動や個人の趣味の継続、アルバイトなど、学生たちは積極的にキャンパスライフを楽しんでいます。

充実の学生生活

粟山高寛

医学部3年
粟山高寛
富山県立高岡高等学校卒業

自由度の高い寮生活を送り
励まし合いや助け合いなど
仲間が近くにいるメリットを実感


一日の授業を終えた後は、トレーニング施設が整った「アトラス・アリーナ」に向かうことが習慣になりました。大学で始めたハンドボールは足の故障で断念したものの、高校の野球部時代から自慢の脚力は維持したく、下半身を中心に筋力トレーニングを続けています。朝6時から21時まで無料で自由に使えますが、授業終了の直後が空いていて狙い目です。

初めての寮生活も丸2年が過ぎ、この間ストレスを感じることなく過ごせました。入学前に想像していた規律に縛られた集団生活ではなく、たまたま同じ集合住宅にみんなが暮らしている、というくらい自由度が高いからかもしれません。個室でプライバシーも確保されていますが、試験前になれば自然とラウンジに集まり一緒に学修したり、体調を崩した時は日常の買い物を友人が代わりにしてくれたりと、集団生活のメリットを実感しています。

買い物といえば、2年次の3月にマイカーを購入しました。入学してから家計簿をつけて生活費を管理しながら貯めた資金で、ようやく手に入れた一台。これからは遠くにあるスーパーやホームセンターにも、自由に買い物に行けるようになります。

授業を通して、地域医療に求められる能力が具体化してきました。今後は選択制セミナーにも参加し、通常の講義では取り上げられない専門的な知識や医療技術の修得にも努めたいと考えています。

一日のスケジュール