入試案内

HOME > 入試案内 > 医学部入試案内 > 大学案内 > 学長メッセージ

学長メッセージ

学長メッセージ

学長

自治医科大学は、全国の都道府県の共同により、1972年2月に設立されました。本学は、へき地に住む方々に医療を提供し、健康を守る医師の養成を設立の理念に掲げています。この使命を果たすために、本学の卒業生は、わが国の地域医療や保健、福祉に計り知れない貢献をしてきました。

現在、日本の医療は大きな過渡期にあります。全国で少子高齢化が進み、地域社会を形成する中核として、地域医療がこれまで以上に重視されるようになったためです。まさに自治医科大学が育てようとしているのは、こうした課題に対応し、住民や行政と一緒になって地域の保健と福祉を確保する気概のある人材です。とくに国際的な視点をもちつつ、地域で総合的な医療を行うことのできる医師は自治医科大学の目指すところです。

医学を学ぶには、何よりも「思いやり」が大事です。患者さんを理解し、より良く生きていただく支えになるための心です。もうひとつは、医師の人間としての「総合力」です。医学は「第二の哲学」といわれます。多様な価値観を知ったうえで医療を行うこと、そのためには理科系だけでなく、文科系のこともしっかり勉強し、そのうえで医学を究める必要があります。これによって自分自身を含めて、人間や社会を理解できるようになります。本学の学生にはこうした基盤に立って、少なくとも一つ専門分野を持ち、総合的な医師として活躍して欲しいと願っています。

本学はそれぞれの学生に潜んでいる能力を引き出し、人間としての成長を促すことを重視しています。そのミッションを担う教員は皆、情熱にあふれ、親身であり、教育を真摯に実践しています。日本の地域医療と地域社会を支える気概にあふれ、幅広い心を持つ方々の入学を期待しています。

自治医科大学学長 永井良三