入試案内

HOME > 入試案内 > 医学部入試案内 > 卒業生等からのメッセージ > 同窓会会報から 岩瀬翔(東京都)

同窓会会報から 岩瀬翔(東京都)

同窓会会報から 岩瀬翔(東京都)

ラウンジ顔合わせ会

医学部4年 岩瀬翔(東京43期)

2017年4月10日(月)に、自治医科大学医学部学生寮にて、ラウンジ顔合わせ会が行われました。そもそも「ラウンジ」とは、同じ階の近くに住む学生が10人程度集まって構成される集団のことを指します。1年生は同学年のみでラウンジが構成されますが、2〜6年生の上級生ラウンジは学年がばらばらで構成されるため、1年生ラウンジよりも絆が弱いのが現状です。そこでこのラウンジ顔合わせ会は、閉鎖性が強く一人で暮らしていくことが可能になった医学部新学生寮において、旧寮のように隣近所が挨拶を交わしあう関係になれるようにしよう、という狙いから寮委員会が主催となって開催し始めました。また、新入生が近隣の先輩方と顔合わせをすることで、より早く寮生活に慣れてもらうことも目的としています。

ラウンジ顔合わせ会は、先輩後輩の垣根を越えてお酒を交えて交流することで、勉強や部活動といった真面目な話はもちろん、普段話せないようなばかばかしい話まで話せるような親密な仲になることができる良い機会となっています。また、このような縦横の人間関係を形成していくことで、県人会、部活動といった限られた集団だけでなく、さらに1つ「ラウンジ」という集団に属する結果、将来的には、全国各地で活きるつながりを作ることができると考えています。事実、私自身も自分が属するラウンジの先輩、後輩とこの会を通じて仲良くなり、日々笑顔の絶えない寮生活を送っています。これに加えて、今回のラウンジ顔合わせ会では、ラウンジ内10人程度の交流だけでなく、近隣のラウンジ間数十人程度で盃を酌み交わすこともできました。このおかげで、同じ階に住んでいながら、あまり関わりのなかった先輩、後輩とも今回の会を通じて夜通し交流することができ、各々の学生にとって忘れられない一夜となりました。

来年度以降も後輩たちに引き継いで、より多くの学生がこの会に参加し、先輩、後輩の垣根を越えた幅広い学生と交流することで、たくさんの学生が充実した自治医大特有の寮生活を謳歌できるよう、寮委員会として働きかけていきたいと考えております。

最後になりますが、ラウンジ顔合わせ会を開催するにあたりご支援、ご協力してくださった同窓会事務局の皆様にこの場をお借りして感謝申しあげます。どうもありがとうございました。

岩瀬翔