大学紹介

HOME > 大学紹介 > 次世代育成支援対策行動計画

次世代育成支援対策行動計画

次世代育成支援対策行動計画

平成27年3月31日

「次世代育成支援対策推進法」に基づき、行動計画を策定しました。職員の皆さんが仕事と子育ての両立の実現と、子育てをしていない職員の皆さんも含めた全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするための取り組みです。

行動計画

1 計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日

2 内容

目標1:働きやすい環境を整備する。

<対策>

  1. 看護休暇、介護休暇制度の拡充
    ・看護休暇、介護休暇の取得単位を半日から時間単位で取得できるようにする。
  2. 事業所内保育施設の整備
    ・医師・研究者キャリア支援センターの保育ルームの環境改善を行う。

目標2:ワーク・ライフ・バランスに向けた措置の実施。

<対策>

  1. 新たな休暇制度の導入
    ・リフレッシュ休暇の導入に向けた調査・研究の実施
  2. 所定外労働の削減
    ・会議、カンファレンス等の就業時間内の実施についての周知・啓発

目標3:男性教職員の育児休業の取得の促進を図る。

<対策>

  1. 制度について周知・啓発する
    ・パパママ育休プラス等の制度について、大学ホームページや学内広報等において定期的に周知・啓発する。
  2. 育児休業取得者の代替職員の確保
    ・育児休業取得者の代替要員を確保する。

目標4:出産・育児に関する各種法令に基づく諸制度について周知徹底を図る。

<対策>

  1. 学内広報や部課長会議等で定期的に周知・啓発する。