大学紹介

HOME > 大学紹介 > 情報公開 > 修学上の情報等 > 入学者に関する受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

入学者に関する受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

入学者に関する受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

医学部

求める学生像

医師として社会に貢献する自覚をもち、地域医療に進んで取り組む気概のある、次のような人を求める。

【適性】
・コミュニケーション能力が高く、行動力がある。
・高い倫理観と幅広い教養を兼ね備える。
・困難に直面しても、目標に向かって努力を継続できる。

【基本的学力】
・論理的思考力が高い。
・文章や発表における表現力が高い。
・医学習得に必要な能力と十分な意欲を有する。

【地域医療への意欲】
・総合的診療能力を有する医師を目指す。
・医療を通じて地域社会のリーダーを目指す。

入学選抜の基本方針

・入学志願者に対して、各都道府県で第1次試験(学力試験・面接試験)を行い、その合格者に対して、本学で第2次試験(小論文・面接試験)を行う。
・第1次試験および第2次試験の成績並びに提出のあった調査書等の必要書類により総合判断し、本学の建学の趣旨を理解している者を各都道府県から若干名ずつ選抜する。

入学までに身につけておくべき教科・科目等

入学までに次のことを身につけることを望む。

【数学】
数学の基礎的な知識・思考法を用いて問題解決する能力と技能

【理科】
物理、化学および生物についての基礎的知識とそれらに基づいた科学的思考力

【英語】
読解力、表現力、会話力などの基礎的能力

【その他】
文章読解力、論述力、思考力およびコミュニケーション能力

看護学部

  1. 看護に関心があり、保健・医療・福祉分野に貢献したい人
  2. 他者への思い遣りがあり、周囲と積極的に協力しあえる人
  3. 相手の言葉に耳を傾け、自らも的確に表現する力が備わっている人
  4. 人間の健康や人間をとりまく様々な環境のあり方に興味のある人
  5. 柔軟な発想をもち、新たな知識を探求し、問題を解決する意欲と行動力をもった人

医学研究科

修士課程

修士課程は、次の知識の内容と水準を満たし、新しい視点から医科学研究に取り組み研究者・教育者を目指す意欲を持つ人、第一線の専門知識を身につけて高度専門職、医療従事者として医学・医療に貢献する意欲を持つ人を求めます。
社会人大学院コースでは、前記に加え、行政、企業などで働きながら研究を行う意欲を持つ人を求めます。
・英文論文を理解できる英語の能力を有している。
・医科学の視点から研究するための幅広い基礎学力と希望する専攻分野の基礎知識を有している。
・医学研究に必要な高い倫理感を備え、かつ明確な目的意識を備えている。

博士課程

博士課程は、次の知識の内容と水準を満たし、地域医療の発展に繋がる医学・医療の向上に貢献する意欲を持つ人、先端医科学研究の興味と適性を有し、未来の医学・医療、生命科学を開拓する意欲を持つ人、次世代を担う医療人の育成に意欲を持つ人を求めます。
社会人大学院コースでは、前記に加え、医療現場などで働きながら研究を行う意欲を持つ人を求めます。
・英文論文読解と作成のための英語の能力を有している。
・医学・医療、生命科学の研究遂行に必要となる基礎知識と応用力を有している。
・医学研究に必要な高い倫理感を備え、かつ明確な目的意識を備えている。

看護学研究科(修士課程)

博士前期課程

  1. 高度看護専門職業人として、保健医療福祉の多様なニーズに対し高い倫理観と実践的な専門性を身につけ、社会に貢献したい人
  2. 看護管理的活動を通して、保健医療福祉の組織機能の改善や向上に寄与する新たな提言をしたい人
  3. 知的好奇心に富み、実践に適した様々な解決方法を自ら考え、リーダーシップを発揮できる行動力のある人
  4. 将来に対するビジョンと信念を有し、未来を切り拓いていこうとする情熱のある人

博士後期課程

  1. 人々の生命・健康・福祉を守り、生活の基盤となる保健・医療・福祉サービスを提供する組織化された仕組みの整備状況、機能性、課題を踏まえ、看護学の教育研究活動の未来を切り拓く熱意のある人
  2. 地域社会の変容を背景とした地域医療及び高度専門医療が直面する課題に対し、ヘルスケアシステムや看護提供システムを視野に入れ、複数の看護専門領域の視座から理解し、看護実践を開発できる優れた研究能力を身につけ、看護学の教育研究活動に貢献したい人
  3. 科学的な根拠に基づく看護ケアの開発や看護ケアを効果的・効率的に提供するためのケアシステム、施策・政策化に寄与し、看護学の発展に貢献できる新たな提言をしたい人