大学紹介

HOME > 大学紹介 > 情報公開 > 修学上の情報等 > 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

医学部

自治医科大学医学部は、以下のものに対し医学士を授与し卒業を認定する。

医師としての豊かな人間性とプロフェッショナリズムを有すること

・社会人としての素養を高め、医療専門職として必要な基本的態度・習慣を身につける

  1. 医の倫理に基づきヒューマニズムに徹して保健・医療・医学の問題に取り組む態度をもつ
  2. 保健・医療・医学の専門職としての役割の自覚と責任感をもつ
  3. 他者を理解し信頼関係を醸成できるコミュニケーション能力と態度を身につけている
  4. 病気とともに、病人とその家庭や地域に強い関心を持ちこれらを支援の対象とする姿勢をもつ

医療と医学に対する幅広い知識と臨床能力を併せ持ち生涯にわたって精励できること

・医師として基本的な医科学の知識を有し、生命科学を理解する以下のような能力を身につける

  1. 生命現象への基本的な理解
  2. 人間の心身の正常な発育・構造・機能に関する知識
  3. 発育・構造・機能の異常に関する知識
  4. 人間に作用する様々な因子と人体の反応についての知識

・総合医として必要な医学知識と技能を修得し、医学的問題を正しく捉え解決する以下のような能力を有する

  1. 主要疾患の症候・診断とそれらの治療についての知識と実践
  2. 緊急性を要する疾患の診断と応急処置の知識と実践
  3. 医療面接、身体的診察法の知識と実践
  4. 基本的臨床検査の実施法・選択・解釈と診断の知識と実践
  5. 基本的治療手技の習得
  6. 臨床的問題の認識・推論、診療計画の設定と評価と実践

・知識・技能・態度を自ら評価し、自発的学習と修練によって向上し続ける生涯学習能力を有する

  1. 総合的・科学的かつ沈着冷静に課題を探求・解決する態度と能力
  2. 自分の能力の限界を認識し適切な専門家に対して助言を求める習慣
  3. 医学・医療・科学技術と社会の変化に応じてキャリアを継続させる能力
  4. 医療の改善のために評価・検証し創生する能力

地域医療において指導的役割をはたす能力があること

・医師として必要な地域医療学における基本的知識を有し、自ら実践する能力を有する

  1. 保健・医療データについての知識と実践
  2. 個人情報保護と情報リテラシーに関する知識と実践
  3. 医療における安全性の確保と事故対応についての知識と実践
  4. 疾病予防・健康促進についての知識と実践
  5. リハビリテーション、障害者福祉、介護・ケアについての知識と実践
  6. 生と死、死生観、緩和ケアについての理解
  7. 臨床疫学、EBM、NBM、行動科学についての知識と実践
  8. 医療科学(医療放射線、理学療法、看護、臨床工学)についての知識
  9. 予防・社会復帰を含む包括的なものとして社会と結びつけて医療を把握する態度

・地域社会のニーズおよび将来を見据えて、医学・医療の枠を超えて柔軟性を持って対応できるリーダーシップを身につける

  1. 地域の保健・医療システム、特に過疎地域における地域包括ケアへの理解と実践
  2. 地域の保健・医療チームの一員として多職種連携を協調的に実践し指導できる能力
  3. 地域の文化・歴史・環境への理解を通して地域医療の遂行
  4. 地域医療を通じて地域づくりに貢献する能力
  5. 地域分析を実践する上での情報収集と分析方法の理解
  6. ソーシャル・キャピタルの概念の理解

看護学部

看護学部では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定する。

  1. 人間としての感性を基盤とした深い人間理解とコミュニケーション能力
  2. 関わる人々の主体性を尊重する倫理的態度
  3. さまざまな状況にある人々の健康課題に対し、多様なアプローチを必要に応じて効果的に用いることのできる専門的能力
  4. 保健医療及び福祉における看護の役割を理解し、人々の健康と幸せの実現のために努力し、また関係者と協力する実行力
  5. 看護実践にかかわる現状を把握し、改善・改革を導くための基本的な力

医学研究科

本学医学研究科では、教育研究上の目的に即し、医学及び医療の進展と地域医療の充実に指導的な役割を果たすため、高度の研究能力と豊かな学識を身に付けた者に対し、学位を授与する。

  1. 学位授与基準

    修士課程においては、2年以上在学して所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格した者に修士(医科学)の学位を授与する。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績をあげた者については、1年以上在学すれば足りるものとする。
    (1)広い視野と医学・医療分野の基礎的知識及び専門領域に関連する知識を習得している
    (2)高い倫理観と責任感を有する社会人・医療人として自立できる
    (3)研究成果を社会に還元し、医学・医療分野の進展に貢献できる

    博士課程においては、4年以上在学して所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(医学)の学位を授与する。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績をあげた者については、3年以上在学すれば足りるものとする。
    (1)自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎的知識を習得している
    (2)高い倫理観と責任感を有する研究者として自立できる
    (3)独創性豊かな研究を立案・遂行できる
    (4)医学の進歩と地域医療の充実に指導的な役割を果たすことができる
    (5)研究成果を世界に発信し、医学・医療分野の進展に貢献できる

  2. 学位論文審査基準

    学位論文の審査については、次に定める事項に基づき、厳正かつ公正に行われるものとする。

    【修士課程】
    (1)研究テーマの目的、背景の明確性
    (2)当該分野における特色性・独創性
    (3)社会的意義・発展性
    (4)計画、方法の妥当性およびデータの正確性・倫理性
    (5)引用文献の適切性
    (6)理解度
    (7)論文の体系、論旨の一貫性

    【博士課程】
    (1)研究テーマの目的、背景の明確性
    (2)国際レベルでの特色性・独創性
    (3)社会的意義・発展性
    (4)計画、方法の妥当性およびデータの正確性・倫理性
    (5)引用文献の適切性
    (6)理解度および今後の展望
    (7)論文の体系、論旨の一貫性
    (8)英文原著論文の作成能力

看護学研究科(修士課程)

博士前期課程

所定の単位を修得し、学位論文審査に合格した者で、高度な看護実践力を有し、組織機能を向上拡大させながら高度医療と地域医療をつなぐチーム形成と機能向上を図ることができる人材に、修士(看護学)の学位を授与する。

高度な看護実践力とは、以下の通りである。

  1. 実践看護学分野では、高度な判断力・臨床実践力および組織調整力
  2. 地域看護管理学分野では、看護ケアの効果的・効率的な提供を具現化する看護活動や看護サービス提供システムを構築・改善できる力

博士後期課程

所定の単位を修得し、学位論文審査に合格した者で、ヘルスケアシステムや看護提供システムを視野に入れつつ複数の看護専門領域の視座を理解した上で、看護に関する問題の全体像と本質を捉えて探究し、看護学を発展させることができる教育研究力を備えた人材に、博士(看護学)の学位を授与する。

備えるべき教育研究力とは、以下の通りである。

  1. 複数の看護専門領域の視座から従来の知見を踏まえ、看護実践を基盤とした新たな知見を創出できる力
  2. 学際的な分野への対応能力を含めて、看護実践に即した研究を自立して企画・推進できる力
  3. 研究的手法を用いてヘルスケアシステムや看護提供システムを評価できる力
  4. 看護実践力や研究能力を付与できる力