トップページ > 概要

がん治療のブレイクスルーを担う医療人育成

がん医療の均てん化が推進されている現在においても、根治ができない難治がんが多数存在しています。また、多面的な身体・精神症状に対する治療方法、いわゆる緩和ケアが不十分であることなど、まだまだがん医療には未解決の課題が山積しています。これらの課題に対しては、がんに苦しむ人々の心に寄り添った医療を行うことはもちろんですが、がんの本質的な研究を遂行できる環境を拡大整備し、他職種の医療人が異なる角度から協力しあって臨床問題解決型の研究を行うことが必要とされています。
このためには、研究者養成に重点を置く東京大学と教育改革や地域医療を推進する横浜市立大学・東邦大学・自治医科大学が連携し力を合わせることによって、最先端研究とがんの実地医療の両方に力を注ぎ、広い視点からがん医療を先導し改革することのできる医療人を育成して行かなければなりません。この目標のもと、本教育プログラムはスタートし継続されることによって、がん治療のブレイクスルーとなる成果が得られるとともに、がん患者のがんによる苦痛が軽減されることを期待しています。



概要の詳細は、東京大学のホームページをご覧ください。
平成19年度から23年度までの「がんプロフェショナル養成プラン」についての取り組みについては、こちらをご覧ください。