トップページ > ご挨拶

がん治療のブレイクスルーを担う医療人育成

がんはわが国の死因の1位を占める疾患です。わが国は「がん対策基本法」のもとに、国民がどこに住んでいても、等しく高度のがん治療を受けることができるように体制の整備を進めています。
がんの診断、治療、病態の理解、さらに心の問題までを含めて、専門知識・技術をもって診療にあたれる医療人の養成は大変重要な課題です。「がん治療のブレイクスルーを担う医療人養成」プログラムは、研究者養成に重点を置く東京大学、教育改革に重点を置く横浜市立大学・東邦大学、地域医療に重点を置く自治医科大学が連携して推進する『がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン』です。数多くのがん治療専門施設や地域の医療機関等と連携して行うために、大変実り多い経験を得ることができます。
わが国のがん診療を向上させるために、本プログラムに多くの方が応募されることを期待しています。

自治医科大学
学長 永井 良三



増加し続けるがん患者への対応、がん診療の進歩への追従と普及を目的として、自治医科大学大学院では平成19年からのがんプロフェッショナル養成プラン採択事業である「全人的ながん医療の実践者養成」を国際医療福祉大学と連携して開始し、「がん総合医」コースを設置してがんの教育体制を整備してまいりました。これにより、高度で多彩かつ複雑ながん診療に携わる専門性の高い多職種の医療者を育成し、その知識と技術をいかんなく発揮できるチーム医療の体制構築につながっております。これに続き平成24年にはがんプロフェッショナル養成基盤推進プラン採択事業である、「がん治療のブレイクスルーを担う医療人育成」が東京大学、横浜市立大学、東洋大学の連携のもと開始となりましたが、従来の内容を充実・発展させていくだけでなく、これまで触れていなかった新たな課題へ取り組んでいくこととしました。
まず、従来の取り組みの対象は成人主体でしたが、これを高齢者と小児も含めた全年齢層に広げて行く必要があります。高齢化が顕著な僻地に必要かつ可能ながん医療は何であるのか、集約して行われる小児がん治療と家庭と生活のある地域での医療や長期的な経過観察などがあります。また、がん治療においては個々がもつがんの特徴や治療反応性などから個別化が進められていますが、がん患者・家族が安心して生活できるための個別化も配慮することが重要です。地域事情が反映されることもあるため、地域特有の対策が必要になるかもしれません。これらを地域第一線で対応しているのが総合医ですが、臨床腫瘍学は専門施設の専門医の教育が始まりようやく成果が出始めた時期であり、地域医療を全人的に担う総合医への高度ながんに関する教育はこれからです。
自治医科大学は、高度な医療を提供し、最先端の研究を進めるだけではありません。基本理念には「僻地に住む人々に医療を提供し健康を守ること」が掲げられており、まさに健康と生活を大きく蝕み、基本的なことでも難しいがん医療の全体的な底上げを目指していくことは優先順位の高い教育内容と考えています。そこで本プログラムでは、がんに関して、知識と技術を授け、医療現場の問題点への感性を養い、それを解決する研究へ導き、結果をEvidence(科学的根拠)とし、社会貢献へ結び付けることを目標としました。これを実現すべく「総合医・地域修学」コースを設置して、地域第一線医療現場において、全年齢層のがん患者に対して対応できる「地域がん診療の専門性を持った総合医」を養成することとしました。目前のことだけでなく、研究を通じた将来の展開を創造しながら、多くの医療者の方々が参加されることを希望しております。

「がん治療のブレイクスルーを担う医療人育成」プログラム
自治医科大学コーディネーター
大学院医学研究科臨床腫瘍学
教授 藤井 博文