大学紹介

HOME > 大学院看護学研究科 > 博士後期課程 > ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

大学院看護学研究科博士後期課程ディプロマ・ポリシー

所定の単位を修得し、学位論文審査に合格した者で、ヘルスケアシステムや看護提供システムを視野に入れつつ複数の看護専門領域の視座を理解した上で、看護に関する問題の全体像と本質を捉えて探究し、看護学を発展させることができる教育研究力を備えた人材に、博士(看護学)の学位を授与する。

備えるべき教育研究力とは、以下の通りである。

  1. 複数の看護専門領域の視座から従来の知見を踏まえ、看護実践を基盤とした新たな知見を創出できる力
  2. 学際的な分野への対応能力を含めて、看護実践に即した研究を自立して企画・推進できる力
  3. 研究的手法を用いてヘルスケアシステムや看護提供システムを評価できる力
  4. 看護実践力や研究能力を付与できる力