地域医療Now! 地域医療の現場をつなぐソーシャルマップ

Face.3 茨城県 常陸大宮市 国民健康保険 美和診療所 秋根大 医師(4/5)

美和診療所について

常陸大宮市 国民健康保険 美和診療所

美和診療所は前身も含めて約60年の歴史があります。そのうち約30年は自治医科大学の卒業生が派遣され、この地域の医療を守ってきました。

午前中の外来診療、午後の訪問診療が業務の中心ですが、その他には予防接種(小児・成人)・乳幼児検診・成人の健康診断(集団受診の立合いや個別受診)・各種会議・講演などがあります


外来診療

午前中の外来診療では平均すると25名程度の方が受診されます。多くは内科的慢性疾患の管理ですが、整形外科・皮膚科・小児科領域のご相談も少なくありません。下のグラフにお示しした通り、小児にも小さなピークがありますが、圧倒的に70歳代・80歳代の高齢者の方が受診されています。



訪問診療

午後は診療所から出て、訪問診療を行っています。
1日の平均は3-4件程度で、月あたりの実績は40-50件程度です。
対象としている方は38世帯の42人(平成26年2月1日現在)で、下図にお示しした通り、80歳代・90歳代の方が多数を占めます。



多職種連携の実際

地域医療においては多職種連携が重要なことは論を待ちません。当診療所が提供している在宅医療も多くの職種との連携によって成り立っています。





地域医療の最前線、教育の現場として

日本全体の老年人口割合は今後も上がり続け、2060年には約40%になるとの予測もあります1)。すなわち現在の美和診療所での医療は、40年後の日本の医療(の一部分)を先取りしている可能性があります。
平成25年度には14名の方がのべ22日間に渡って当診療所に視察・見学・実習にいらっしゃいました。
今後も様々な形で情報発信を続けていくことが重要と考えます。

 

1) 国立社会保障・人口問題研究所、「将来人口推計(平成24年1月)」の出生中位・死亡中位仮定による
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/newest04/con2h.html(平成26年3月2日参照)






Jichi Ika Now!
キャンパスNow! 講義Now! 研究Now! 地域医療Now!
受験生の方へ 受診希望の方へ 臨床研修希望の方へ 在学生・卒業生の方へ 教職員専用
資料請求
CLOSE