地域医療Now! 地域医療の現場をつなぐソーシャルマップ

Face.3 茨城県 常陸大宮市 国民健康保険 美和診療所 秋根大 医師(5/5)

メッセージ

訪問診療に取り組む意義

私は卒後7年目まで地域中核病院を中心に、主に外来・検査・病棟・救急を毎日行う生活を送っていました。

与えられたそれぞれの場所で、自分なりの課題を見つけ、それに取り組んでいたらあっという間にここまで来てしまったというのが偽らざる感想です。

昨年度から訪問診療を担当し、慣れない中で大変ではありますがやりがいを感じています。その理由の一つにはこれまで以上に患者さんの生活に密着して医療を提供する必要があることが挙げられます。

今後、私がどのような場で医療を行っていくとしても、「患者さんの生活を想像する」という習慣は無くなることはないように思います。


自治医科大学へ進学を検討されている方へ

皆様が選択肢の一つとして私の母校である自治医科大学を検討していただいていることを卒業生として光栄に思います。

医療の現場で日々起こっていることは、決して楽しいこと・かっこいいこと・報われることばかりではありません。むしろ、単調なことの繰り返しであったり、かっこ悪く悩んだり苦しんだり、頑張っても報われないことの方が多いといってもよいかもしれません。これは何も医師という職業、医療従事者に限らず、生きていくこと・働くことというのは案外そんなものなのかもしれないなと最近思います。そんな日々の中にも時折、「頑張っていて良かった」と思える一瞬が来るかもしれません。その一瞬は意外な時に訪れ、ご褒美のように感じます。

“ご褒美のような一瞬”をどの場面で感じるかは、それぞれの感性によって異なります。皆様がご自分に合った進路を選ばれることを切に願います。もしそれが地域医療という道であったとしたら、いつか一緒に働けることを楽しみにしています。



Jichi Ika Now!
キャンパスNow! 講義Now! 研究Now! 地域医療Now!
受験生の方へ 受診希望の方へ 臨床研修希望の方へ 在学生・卒業生の方へ 教職員専用
資料請求
CLOSE