研究Now! 研究者自らが語る成果へと続く努力の道

Episode.1 もっと洗練された、副作用の少ないがんの治療法を

2006年に、ある種の肺がんの原因遺伝子である「EML4-ALK」(イーエムエルフォー アルク)を新たに発見。翌年に論文を公表すると、科学雑誌「ネイチャー」の姉妹紙が、その年の医学分野の年間10大ニュースに挙げた。まさに世紀の発見、華々しい成果である。しかし、研究者・間野博行が歩んできた道は、決して平坦ではなかった。人知れぬ苦悩、「医師に向いていないのでは」と考えることさえあった。だが、諦めなかった。考え続けた。そして、地道に努力した。薬につながるがん遺伝子を見つけたい—その想いが新たな発見へとつながった。いま、遺伝子探索の真実が語られる。

研究者人生のはじまり(1)
幼少期〜がん研究の道へ

研究者人生のはじまり(2)
医学に役に立つ研究を

発見に至る道程(1)
常に考え続けることが必要

発見に至る道程(2)
日本という研究フィールド

未来へ向けて
ひとつでも多くのがんの原因遺伝子を見つける
それがすべて

医学生が研究者に聞きました!

Q. 間野先生にとって、知的好奇心を満たすための最適なアプローチとは何ですか?

A. わからないことを調べていく過程が大事。それこそ研究そのもの。辞書で調べてわからなければ、専門知識がある人を探して教えてもらうなど、答えを得るための方法を考えることが大事だと思う。

Q. 今後の実習を含め、将来医師となった際、
どうすれば自信を持って患者さんと接することができるか教えてください。

A. 自信がないと感じるのは、実は大事なこと。自分も不安だった。実際に医師になると、患者のために何ができるかを考えるだけで必死になってしまう。学生のうちからそういうことを想定し、考えながら学ぶことが大事。それが、医師になった際にきっと生きてくる。

Q. 何もないところから新しいものを発見するためには、何を考え、何を実行し、
どうやってモチベーションを維持するかを教えてください。

A. 新しい領域を切り開きたい、と考えていたわけではない。どうすればがんの患者さんに役立つ研究ができるか、それだけを考えていた。そのために必要なことを考え、実行したにすぎない。




プロフィール


経歴

1984年3月 東京大学医学部 卒業
1984年6月 東京大学医学部附属病院 内科研修医
1985年12月 自治医科大学附属病院 血液内科研修医
1986年6月 東京大学医学部第三内科 医員
1989年5月 米国St.Jude 小児研究病院生化学部門 客員研究員
1991年8月 東京大学医学部第三内科 文部教官助手
1993年8月 自治医科大学医学部分子生物学講座 講師
1995年6月 自治医科大学医学部分子生物学講座 助教授
2000年4月 自治医科大学分子病態治療研究センターゲノム機能研究部 助教授
2001年6月 自治医科大学分子病態治療研究センターゲノム機能研究部 教授
2009年9月 東京大学大学院医学系研究科ゲノム医学講座 特任教授
2013年4月 自治医科大学医学部 客員教授
2013年4月 東京大学大学院医学系研究科生化学・分子生物学講座細胞情報学分野 教授



受賞歴

1993年10月 日本癌学会 奨励賞
1998年12月 日本白血病研究基金 荻村孝特別賞
2000年11月 日本医師会 医学研究助成
2008年2月 高松宮妃癌研究基金 研究助成
2008年10月 日本癌学会 JCA-Mauvernay Award
2008年11月 日本医師会 医学賞
2009年4月 東京テクノ・フォーラム21 第15回ゴールド・メダル賞
2010年2月 高松宮妃癌研究基金 学術賞
2010年10月 持田記念学術賞
2010年11月 武田医学賞
2011年3月 上原賞
2011年4月 文部科学大臣表彰 科学技術賞
2011年11月 The Bonnie J.AddarioLung Cancer Foundation より The Asclepios Award
2012年2月 第9回高峰記念第一三共賞
2012年11月 紫綬褒章
2012年11月 第17回慶應医学賞
2013年6月 第1回塩野賞



研究紹介

がんは今も先進諸国における主要死因であり、世界中で毎年約700万人ががんのために命を落としている。がん治療のブレークスルーとなる分子標的療法剤の登場が待たれている状況下にあって、間野博行博士は独自のスクリーニング技術を開発することで、肺がんの新しい融合型がん遺伝子EML4-ALKを発見することに成功した。これは単に肺がんの有望な治療標的を同定したのみならず、「上皮性腫瘍では染色体転座によるがん遺伝子はほとんど存在しない」という旧来の常識を根底から覆すものであった。

Jichi Ika Now!
キャンパスNow! 講義Now! 研究Now! 地域医療Now!
受験生の方へ 受診希望の方へ 臨床研修希望の方へ 在学生・卒業生の方へ 教職員専用
資料請求
CLOSE