センターの紹介

  1. ホーム
  2. センターの紹介
  3. センターの方針と目指すべき看護師像

センターの方針と活動

センターの方針

看護職キャリア支援センターは、本学の建学の精神である地域医療への貢献と高度先進医療を担う大学病院の使命に基づき、学内外の様々な資源を活用しながら看護職者としてのキャリアを維持・向上させることを理念とした病院長直属の組織です。

ここでは看護職者のライフステージに応じたキャリアを支援するために、(1)看護人材育成・活用計画の立案及び推進、(2)人事交流の促進・調整、(3)キャリア評価体制の確立、(4)キャリアに応じた処遇改善及び処遇提示の促進、(5)卒前教育・卒後教育を一体化し、体系化を図ることを主な目的としています。

今後、このセンターを中心に看護職者の効率的・継続的な看護実践能力の習得・向上がより一層促進され、臨床看護と実習環境の質の更なる向上が期待でき、看護職者養成の質的向上をも図ることになります。その結果として、離職率の低下や就職希望者が増加することも期待しています。

目指すべき看護師像

当院看護部の理念「私たちは、患者・家族の皆様が、安心と満足の得られる看護を提供します」の実現に向け、患者さん、ご家族のために、看護実践能力に優れた看護師を育成すること、さらに専門職業人として、自己成長ができる教育環境を提供することを教育の理念としています。看護実践能力に優れた看護師となるために高めていく5つの能力があります。この5つの能力をそれぞれの意味を表現した英単語の頭文字を組み合わせ、「上昇する、高まる 起こる、現れる、生じる 立ち上がる」など、上向きの動きと上向きの変化の意味をもつ、ARISE(アライズ)と自治医科大学附属病院のJ(ジェイ)で表現しました。JASMIN同様、職員の皆様に愛され、親しまれることを願います。

img_about02.gif

これらの5つの能力について、それぞれ各ラダー期における到達目標が明示されています。到達目標と連動した教育プログラムを活用しながら、5つの能力が融合し調和のとれた人財に成長していくことを期待しています。

J-ARISEのコンセプト
ラダー(Ladder)は「はしご」を意味しています。しかしながら実際の成長や変化は、はしごを登るというより、らせん階段を上がるようなものではないでしょうか。「森羅万象の事物はらせん経路を経て発展する」という概念はスパイラルアップと呼ばれ、企業運営や組織論で用いられる成長・発展・変化の道筋を示す考え方です。新しい概念ではありませんが、専門職として常に学び続ける必要がある私たち看護職の成長過程に通じるものであると考えました。
らせん階段を進んでいる自分自身から見ると、毎日の現場実践は繰り返しのように思えます。それでも、らせん階段全体を外(他者)から見れば着実に高く上がっていることはわかり、そして自分自身も、時々立ち止まって外の景色を俯瞰で眺めてみれば、いつの間にか高く上っていることに気づきます。
360度の様々な方向に展開された情景に対面し、そこで起こる出来事に向き合い、思考と判断を繰り返し円を描きながら歩いています。再び同じ方向に対面する時には、経験を足元に積み重ねているので、前回の足跡のちょっとだけ上を歩いています。そして描く円は前回の軌跡よりもちょっとだけ大きな円を歩いています。らせん階段を上がるには水平方向の力と垂直方向の力の作用が必要です。成長過程を平面的にとらえるのでなく、立体的、三次元的に捉えることが大切です。
自治医科大学附属病院独自のラダー研修は、大切な日々の実践を振りかえる機会であり、評価を受けながら課題を明らかにして、さらなる自己成長につなげるものと考えます。研修は研修で受講して終わり、毎日の現場実践は同じことを繰り返して終わりではなく、双方が常に学びの場として存在し、相互作用が期待できます。時には経験を理論的に整理して振り返る、時には理論や知識を実践で活用してみる、こうしたチャレンジが個々の実践力となり、看護部理念と基本方針を実践できる看護職の育成につながるものと考えます。
img_arise.gif

副病院長兼看護部長
看護職キャリア支援センター副センター長
朝野春美

看護職キャリア支援センターの紹介

関連リンク