お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 平成29年度 実地指導者Ⅰ連絡会の様子をアップしました

新着情報

平成29年度 実地指導者Ⅰ連絡会の様子をアップしました

  11月27日に実地指導者Ⅰ連絡会を行いました。実地指導者Ⅰは、部署内においては新人看護職員への直接的な指導と精神的な支援、個別プログラム立案や実践に関する準備・実施とその評価などの役割を担っています。また、部署外では、院内教育におけるインストラクターとして、直接的な指導と評価などを行っています。今回の連絡会では、実地指導者Ⅰの役割を踏まえた具体的な活動ができることを目的として、効果的なスキルチェックの評価方法や経験学習理論に基づく指導方法を理解し、活用できるよう、講義とグループワークを行いました。
  グループワークでは、「スキルチェックの評価者間での評価方法の共有における課題と改善策」について、積極的な意見交換が行われました。参加者からは「メリルのID第一原理に基づく教授方略は、日々の業務や新人教育で効果的だと思った。」「スキルチェックの具体的な評価方法を聞いて活用したいと思った。また、グループワークで他部署と情報交換ができたことがよかった。」などの感想が聞かれました。
  この学びが実践現場での新人看護職員の指導に活かされることを期待しています。


heisei29nenndozittisidousya1rennrakukai.PNG

関連リンク