お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 後期対人関係研修と交歓会を実施しました

新着情報

後期対人関係研修と交歓会を実施しました

  10月22日に昭和女子大学人間社会学部心理学科准教授の本多-ハワード素子先生による後期対人関係研修を行いました。この研修は、入職から約半年が経過した新人看護職員が自身の現状や同僚の状況を客観的に認識することで対人関係力を高めることを目的としています。
  グループワークでは、合意形成の難しさを実感しながらコミュニケーションスキルについて楽しく習得しました。また、事前アンケート調査からみえてきた入職半年後の変化についてフィードバックを受け、プロフェッショナルフッドやキャリアアンカーについて学びました。

<受講後の学びから>

heisei30nenndo koukitaizinnkannkeikennsyuu.PNG

 



 

  後期対人関係研修の終了後、本館地下職員食堂で交歓会を行いました。

  この交歓会は、新人看護職員のこれまでの頑張りをねぎらうこと、新人看護職員と部門研修などの指導者との交流の場とすることを目的にしています。
  所属部署や各部門の先輩方と軽食を囲んで語らい、リラックスした雰囲気のなかで、笑顔があふれる会となりました。

関連リンク