臨床工学部

臨床工学部は生命維持管理装置の操作ならびに保守・点検を行っています。

概要

臨床工学部

臨床工学部は大きく循環部門(人工心肺、心臓カテーテル、ペースメーカ)、代謝部門、医療機器管理部門(人工呼吸器、輸液・シリンジポンプ、除細動器、保育器)に分かれていて、28名のスタッフが各診療部署に出向して業務を行っています。医療機器の安全管理は重要であり、医療の質向上・安全推進センターおよび用度課、メーカーと連携しながら事故防止に努めています。

業務内容

【循環部門】

  • 体外循環
    人工心肺の操作および補助循環装置の保守管理を中心に、手術室内の麻酔器、患者監視装置等の機器管理も行っています。
  • 心臓カテーテル検査
    心血管撮影室で行われる心臓カテーテル検査のモニター管理、圧波形の解析やIABP、PCPSの補助循環装置の操作・管理も行っています。
  • ペースメーカ管理
    埋込み手術時のデータ解析や埋込み後の動作確認およびペースメーカ 外来での定期的なチェックを行っています。また体外式ペースメーカの点検、ペースメーカ埋込み患者の手術立会いも行っています。
  • 【代謝部門】

  • 血液浄化
    入院・外来透析センターおよび病棟での血液透析装置の保守管理を行っています。また血漿交換や血液吸着など多種にわたって特殊浄化療法を行っています。
  • 【医療機器管理部門】

  • 人工呼吸器
    人工呼吸器の保守点検および運用を行っています。また人工呼吸安全管理対策チームによる院内巡視を他職種との連携の下に行っています。
  • 機器管理
    輸液・シリンジポンプおよび除細動器(AED含む)、保育器を中心に1 回/月、動作点検を行い不具合がある場合はメーカーに修理依頼を行っています。

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ