診療科・部門のご案内
  1. トップページ
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 循環器センター内科部門(循環器内科)

循環器センター内科部門(循環器内科)

循環器センターは、循環器内科部門と心臓血管外科部門とが病棟を共有して機能的・効果的な診療を行っています。内科部門では虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、弁膜症、不整脈などの心臓の病気、大動脈・末梢血管の病気、および高血圧の診療を行っています。

診療内容・対象疾患

診療内容

急性・慢性を問わず、すべての循環器疾患に対して適切な診断・治療を行っています。 特に、循環器救急患者につきましては、地域の医療ニーズに応えるべく、24時間体制で積極的に受け入れる体制を整えています。

対象疾患

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全(急性・慢性)、弁膜症、心筋症(拡張型、肥大型など)、不整脈(頻脈性、徐脈性)、高血圧、成人先天性心疾患、大動脈疾患(急性大動脈解離など)、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症など)、肺血栓塞栓症など。

診療体制

外来(年間約27,000名)は初診、再診、および各種専門外来で、入院(年間約1,900名)は6~8チーム体制(1チーム3~4名)で診療にあたっています。

診療(治療)方針

最新の診断・治療技術に基づいて、循環器専門医をはじめ、各分野の専門医で十分に議論し、患者様の意見を尊重したうえで最善の医療を目指しています。

得意分野

  • 虚血性心疾患に対するカテーテル治療
  • 頻脈性および徐脈性不整脈の治療
  • 難治性高血圧の治療
  • 急性および慢性心不全の治療
  • 末梢動脈疾患の治療

先進医療・特殊医療

  • 心臓再同期療法(CRT):特殊なペースメーカーにより心臓の収縮のタイミングを整える、重症心不全に対する治療法です。
  • 植え込み型除細動器(ICD):重症不整脈に対する治療法です。CRT-D(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)は、前述の機能を併せ持った最新の治療法です。
  • 心臓移植に備えた、補助人工心臓の管理(他職種による)
  • 冠動脈インターベンション:バルーン、ステント治療のみならず、ロータブレーター(硬い病変を削る特殊な治療器具)の実施可能施設であり、複雑な病変も積極的に治療しています。
  • カテーテルアブレーション:カテーテルを用いて不整脈の原因部位を高周波で焼灼する治療法です。より短時間で焼灼する冷凍焼灼術(クライオアブレーション)も施術しています。
  • 高血圧専門外来、不整脈専門外来、血管専門外来、肺高血圧専門外来などの、各種専門外来を開設しています。

主な検査

【外来】
  • 心電図(安静・運動負荷)
  • ホルター心電図
  • 心臓超音波検査
  • 24時間血圧計(ABPM)
  • 心臓核医学検査
  • 冠動脈CT、心臓MRI、心肺運動負荷検査
【入院】
  • 心臓カテーテル検査(冠動脈、血行動態測定)
  • 心臓電気生理学的検査

臨床研究の情報公開

スタッフ紹介

教授
苅尾 七臣
教授(兼)
新保 昌久
教授(兼)
今井 靖
教授(兼)
興梠 貴英
准教授
星出 聡
准教授(兼)
船山 大
准教授(兼)
原田 顕治
准教授
河野 健
講師
甲谷 友幸
講師
小形 幸代
講師(兼)
齋藤 俊信
講師(兼)
小森 孝洋
講師(兼)
髙橋 政夫
助教
渡部 智紀
助教
横田 克明
助教
清水 勇人
助教
鳥海 進一
助教
福冨 基城
助教
滝 瑞里
助教(兼)
水野 裕之

外来診療日

午前

船山
小森
小形
新島(初診)
【高血圧】
水野

苅尾
相澤
高橋(政)
滝(初診)
【二次予防】
河野

今井 
興梠
渡部
横田(彩)
水野/横山/久保田 (初診)
【循環器SAS】
石橋

新保
星出
石山
篠原(初診)
【冠疾患】
鳥海

原田
甲谷
河野
清水
脇/渡辺(貴)(初診)
【高血圧】
星出
【登山検診】
小森(第2)

午後

小森
【冠疾患】
船山

苅尾
高橋(政)
【血管】
新保
【冠疾患】
小古山

今井
興梠
渡部
【ペースメーカー】
横田(彩)
【デバイス】
甲谷

新保
星出
【成人先天性心疾患】
久保田
【不整脈】
横山
【肺高血圧】
上野(第1,3)

原田
甲谷
河野
【ICD】
三橋

講座オリジナルサイトへのリンク

お問い合わせ・ご相談