1. HOME
  2. 診療科のご案内
  3. 消化器センター内科部門(消化器・肝臓内科)

消化器センター内科部門(消化器・肝臓内科)

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆道(胆嚢、胆管)、膵臓など、消化器全般の診療を行っています。

診療内容・対象疾患

消化器センター 内科部門(消化器・肝臓内科)

症状や病態に応じて内視鏡検査、腹部超音波検査、CTやMRなどの画像診断を組み合わせ、各種消化器疾患に適切な治療を行えるよう対応しています。早期胃癌・早期大腸癌に対する内視鏡的治療、ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の診断治療、肝臓癌に対する腹腔鏡下治療など先進的な医療にも取り組んでいます。

対象疾患

食道アカラシア、食道癌、胃・食道静脈瘤、逆流性食道炎、胃炎(急性・慢性)、胃潰瘍、胃癌、胃粘膜下腫瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症、十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍、小腸炎、小腸出血、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸癌、大腸ポリープ、家族性ポリポーシス、ウイルス性肝炎(急性・慢性)、自己免疫性肝炎、原発生胆汁性肝硬変、肝硬変、肝癌、胆石症、胆嚢ポリープ、胆嚢腺筋腫、胆嚢癌、胆管癌、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵嚢胞、膵腫瘍、膵癌、ほか消化器疾患全般。

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

診療体制

外来診療は初診担当医が症状や病態に応じた検査を計画し、疾患に応じて各臓器専門医に再診していただいています。入院診療はチームで対応し、各臓器専門医グループとカンファランスを行い診療方針を決めています。
各医師宛に御紹介状をいただきましても、診療予約が無い場合には、原則として初診は当番医の担当になりますのでご了承ください。

診療(治療)方針

外来で可能な検査は出来るだけ通院で行い、入院は治療に専念して頂くことにより入院期間の短縮に努めています。

得意分野

  • 消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)癌の進展度診断と内視鏡的粘膜下層剥離術。
  • 小腸疾患に対するダブルバルーン内視鏡を用いた診断と治療。
  • 肝癌に対する腹腔鏡下ラジオ波焼灼療法。
  • 胆管結石に対する内視鏡的治療、および各種閉塞性黄疸に対する内視鏡的減黄術。
  • 胆膵疾患に対する超音波内視鏡を用いた診断(EUS-FNA)と治療。

先進医療・特殊医療

  • ヘリコバクターピロリ関連疾患と除菌治療の基礎的及び臨床的研究。
  • 画像強調と拡大観察を用いた正確な胃癌進展範囲の診断。
  • ヒアルロン酸ナトリウムを用いた安全かつ確実な粘膜下層剥離術。
  • 腹腔鏡下ラジオ波による肝腫瘍治療法。
  • ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸内視鏡検査と内視鏡治療への応用。
  • 術後再建腸管に対するダブルバルーン内視鏡を用いた胆膵内視鏡治療(DB-ERCP)。

主な検査(平成28(2016)年の消化器内科施行実績)

上部消化管内視鏡6,075件、大腸内視鏡3,303件、小腸内視鏡344件、内視鏡的逆行胆性道膵管造影(ERCP)538件、腹部超音波(外来分)2,833件、内視鏡的粘膜下層剥離術 上部239件、下部151件、食道静脈瘤結紮術55件、肝癌ラジオ波治療86件など。

スタッフ紹介

教授
山本 博徳
教授
礒田 憲夫
教授(兼)
武藤 弘行
教授
玉田 喜一
教授(兼)
大澤 博之
教授(兼)
長嶺 伸彦
准教授
砂田 圭二郎
准教授
森本 直樹
講師
三浦 光一
講師
矢野 智則
講師
林 芳和
講師
三浦 義正
講師
坂本 博次
講師
牛尾 純
講師(兼)
三枝 充代
講師
津久井 舞未子
講師(兼)
竹澤 敬人
講師
渡邊 俊司
講師
井野 裕治
病院講師
小林 泰俊

外来診療日

午前

礒田
村山
当番医3名

礒田
高岡
森本
当番医3名

当番医4名
津久井

山本
玉田
砂田(第3,4)
当番医4名

佐藤(慎)
当番医4名

午後

礒田
森本
三浦(光)
井野
多田

渡邊
三枝
岡田
胆膵共通外来枠

大澤

牛尾
竹澤
高岡

大澤(第1,3)
砂田
矢野
福田
和田
中里

武藤
三浦(義)
坂本
横山
平岡
野本

全診療科の一覧表はこちら

講座オリジナルサイトへのリンク

内科学講座 消化器内科

お問合わせ・ご相談

自治医科大学附属病院

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

地図

お問合わせ電話番号

0285-44-2111(代)

ページトップへ