診療科・部門のご案内
  1. トップページ
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 移植外科

移植外科

末期肝疾患(肝硬変、急性肝不全)に対する安全な肝移植治療を提供します。

診療内容・対象疾患

診療内容

当科では2001年より小児を中心とした肝移植を開始し、2017年12月までに305例の肝移植を実施しました。移植後15年生存率は95%と全国平均の68%に比べて極めて良好な成績であり、東日本の肝移植ハイボリュームセンターとして、その役割を果たしています。今後も、更なる安全な肝移植治療を提供し続けます。

対象疾患

肝硬変(B型肝炎、C型肝炎、アルコール性、自己免疫性、原因不明など)、胆汁うっ滞性疾患(原発性胆汁性胆管炎、原発性硬化性胆管炎、胆道閉鎖症など)、急性肝不全(ウイルス性、薬剤性、原因不明など)、代謝異常症(ウィルソン病、尿素サイクル異常症、家族性アミロイドポリニューロパチーなど)、腫瘍(肝細胞癌など)、血管障害性(バッド・キアリ症候群など)

診療体制

当科5名のスタッフと2名のレシピエント移植コーディネーターを中心に、消化器外科、麻酔科、集中治療部、消化器内科、放射線科、腎臓内科、病理診断部、臨床薬理学部門、薬剤部、分子病態研究部、精神科などの各科と連携をとり、診療にあたっています。

診療(治療)方針

移植後長期生存率95%以上を目標に、定期外来診察と、肝生検によるグラフト機能評価を永続的に行っています。北関東の末期肝硬変患者、末期肝不全患者に対して、安全な肝移植治療を提供すると同時に、成人肝移植症例の実績から脳死肝移植施設の確立を目指します。

得意分野

肝硬変・代謝異常症・急性肝不全への肝移植、門脈大循環シャントに対する肝移植、及び外科治療

先進医療・特殊医療

生体肝移植、脳死肝移植、ドミノ肝移植、小腸移植、胆道合併症に対するIVR(小腸鏡治療、経皮経肝的治療)、血管合併症に対するIVR

主な検査

腹部超音波検査、肝生検、胆道造影、血管造影、消化管造影、胆道鏡、小腸鏡

外来診療日

午前

【小児移植外来】
眞田
井原 
岡田
大西

【小児移植外来】
水田
平田
【成人移植外来】
眞田

【小児移植外来】
水田
井原
眞田
大西

午後

小児術前外来

成人術前外来
肝移植ドナー外来

初診

初診

小児術前外来

初診は完全予約制になっております。

講座オリジナルサイトへのリンク

お問い合わせ・ご相談