自治医科大学附属病院からのお知らせ
  1. トップページ
  2. 自治医科大学附属病院からのお知らせ
  3. 腫瘍センター内に「がんゲノム医療部」を新設しました

腫瘍センター内に「がんゲノム医療部」を新設しました

「がんゲノム医療部」の新設について

がんゲノム医療*を必要とする患者が全国どこにいても同医療を受けられる体制の構築を目的とし、平成29年12月に厚生労働省から「がんゲノム中核拠点病院等の整備に関する指針」が示され、平成30年2月には全国11病院が「がんゲノム医療中核拠点病院」に指定されました。当院においては平成30年10月1日に中核拠点病院の一つである東京大学医学部附属病院(以下、東大病院)から「がんゲノム医療連携病院」の指定を受け、同医療に関する患者情報等を一括して管理する部署として、腫瘍センター内に「がんゲノム医療部」を新設しました。

具体的には、東大病院の「Todai Onco Panelの開発に関わる臨床性能試験(がんゲノム医療の有効性検証のための基盤研究)」へ参加を希望する患者に対し、カウンセリング、診察、検査結果の説明、治療方針の決定まですべてを当院において行うことで、患者が当院の受診のみで、東大病院と同水準のがんゲノム医療を受けられる体制を構築します。

将来的には、当院が「がんゲノム医療拠点病院」や「がんゲノム医療中核拠点病院」の指定を受けることを目標に活動していきます。

当院におけるがんゲノム医療に関するお問い合わせは、下記連絡先へお願いいたします。

※「がんゲノム医療」とは・・・がんは様々な遺伝子の異常が積み重なることで発症し、その遺伝子の異常は患者ごとに異なることが判ってきました。「がんゲノム医療」は次世代シークエンサー等を用いた網羅的遺伝子変異解析を行い、患者一人ひとりのがんの個性(原因)を明らかにし、より適した治療薬の情報をご提供する次世代のがん治療です。

 

news20190417.jpg

問い合わせ先・相談窓口
自治医科大学附属病院(代表電話 0285-44-2111)
責任医師  がんゲノム医療部 部長  山口 博紀
がん相談支援センター (0285-58-7107)
事務局 経営管理課企画調整係 (0285-58-7104)