自治医科大学附属病院からのお知らせ
  1. トップページ
  2. 自治医科大学附属病院からのお知らせ
  3. 「小児の脳死判定・臓器提供シミュレーション」を開催しました

「小児の脳死判定・臓器提供シミュレーション」を開催しました

令和2年2月4日(火)に「小児の脳死判定・臓器提供シミュレーション」を開催いたしました。

当院における脳死判定・臓器提供は、これまでに4例の実績がありますが、小児の脳死判定に至る症例は未だ発生しておりません。臓器提供病院として、小児の症例においても臓器提供を申し出された患者様やご家族の意思を大切にし、適切に臓器移植が実施できるよう、シミュレーションを実施いたしました。

当日は、院内の見学者のみならず、警察、消防、児童相談所など関係施設の方々に多数ご出席いただき、総勢103名が参加しました。さらに、日本臓器移植ネットワーク及び栃木県臓器移植推進協会の移植コーディネーターにもお越しいただきました。

今回は、小児のドナー候補の発生から脳死判定、臓器提供までの一連の手順について確認を行いました。実際の対応には、多くの部署が関連することから、定期的にシミュレーションを行い、院内全体で体制強化に努めてまいります。

news20200210-01.jpg news20200210-01.jpg news20200210-01.jpg
ドナー家族への説明の場面
倫理委員会開催の場面
全体の様子