1. トップページへ戻る
  2. 初期臨床研修
  3. 各科初期研修カリキュラム
  4. 内分泌代謝科

各科初期研修カリキュラム

内分泌代謝科

糖尿病、脂質異常症や肥満症などの「生活習慣病」に対して、多方面からの総合的診療を行っています。また、視床下部・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌疾患に対しても、専門の高い診療を行っています。

指導医(人数) 日本糖尿病学会研修指導医 3名, 日本内分泌学会指導医 2名
専門医(人数) 日本糖尿病学会専門医 10名, 日本内分泌学会専門医 8名,日本動脈硬化学会専門医2名,日本高血圧学会専門医1名, 日本肥満学会専門医2名,日本老年医学会専門医1名
指導医・専門医(氏名) 石橋 俊海老原 健岡田 健太永島 秀一

研修概要

入院患者の担当医となり、上級医の指導のもと医師としての人格および診療能力を学ぶと共に、症例数の多い糖尿病を中心とし、その他視床下部・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌疾患や、骨カルシウム代謝、電解質、脂質代謝、肥満症など代謝疾患の症例を経験することができます。

研修内容(1~3ヶ月間)

主に入院患者を担当し、診断・治療にあたります。希望があれば外来診療も経験することが可能です。

到達目標

(1)一般目標(GIO)
プライマリ・ケア研修に役立つ、内分泌代謝疾患の基本的な検査・診断や治療を学ぶ。

(2)個別目標(SBO)
1. 糖尿病、脂質異常症などの代謝疾患、視床下部・下垂体疾患、甲状腺疾患、副腎疾患などの内分泌疾患を経験する。
2. チーム医療を重視した診療を行う。
3. 疾患の病態生理を理解し、適切に診断・治療していくための基礎的な臨床能力を身につける。 

週間スケジュール

午前 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
病棟 病棟 チャートカンファランス,新患紹介,抄読会,データクラブ(研究データを報告) 病棟 病棟
午後 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
病棟 病棟 教授回診,症例検討会 病棟 病棟

研修協力病院

古河赤十字病院

経験できる症例

糖尿病、脂質異常症、肥満症、甲状腺疾患、視床下部・下垂体疾患、副腎疾患、骨・カルシウム代謝性疾患など

指導医からのメッセージ

指導医2人と研修医とで計3人がチームを組んで診療に当たります。日々の診療、週1回の回診、症例検討会において、症例毎の問題点の共有と解決へ向けて努力しています。糖尿病に関しては、当科の医師だけでは解決できない問題も多いため、診療科横断的かつ多職種参入型のカンファランスを定期的に開催しています(糖尿病センター合同カンファランス)。看護師、栄養士、薬剤師などのコメディカルの方々とも積極的に情報交換しています。この過程を通じて、糖尿病や内分泌代謝疾患への理解が比較的スムーズに可能と考えます。

このページのトップへ戻る