1. トップページへ戻る
  2. 初期臨床研修
  3. 各科初期研修カリキュラム
  4. 脳神経外科

各科初期研修カリキュラム

脳神経外科

NSnougekaHP.jpg

自治医科大学脳神経外科の特徴として以下のことが挙げられます。
1)経験できる症例数・内容が極めて豊富である
 成人・小児病棟合わせて47床のベッド数を有し、年間約500件の手術を行っています。本学救命救急センターは1次から3次まですべての救急患者を受け入れており、頭部外傷や脳血管障害などの症例が日夜多数搬入されています。このため、脳外科的救急疾患に関し、通常は一般病院で経験する軽症例や発症超急性期症例から、大学病院として要求される高度治療まで幅広く経験することができます。また、近隣諸施設からは脳腫瘍や難易度の高い脳血管障害、難治性てんかんやパーキンソン病などの機能的疾患、小児脳神経疾患などの患者さんが多数紹介され、救急疾患以外の脳神経外科疾患も多数経験することが出来ます。

2)多彩な専門性
 脳腫瘍や脳血管障害、外傷といった脳神経外科の基本領域はもとより、脳血管内治療、難治性てんかんやパーキンソン病などの機能的疾患および小児脳神経外科疾患などに対する脳神経外科治療、さらにはナビゲーションシステムや3D実体モデルなどを応用したコンピューター支援外科など、多岐にわたる専門性の高い分野を網羅しています。脳血管内治療部では年間140例を超す手術と270例を超す血管造影検査を行っています。てんかんについては、全国に8施設しかないてんかん拠点病院に選定され、高度なてんかん手術を経験できます。小児脳神経外科は大学病院では数少ない独立した科となっており、年間100例以上の多岐にわたる手術が行われます。このように、将来脳神経外科専門医取得後の選択肢も豊富であり、脳卒中専門医、脳神経血管内治療専門医、てんかん学会専門医、定位・機能脳神経外科技術認定医、神経内視鏡技術認定医などさらに専門性を高めることも可能です。

指導医(人数) 9名
専門医(人数) 13名
指導医・専門医(氏名) 川合謙介難波克成五味 玲益子敏弘中嶋 剛山口 崇

研修概要

病棟では、助教・講師などの指導医と共に10人前後の入院患者を受け持ち、周術期管理を含めた治療に従事します。手術は原則として主治医が行なうので、豊富な手術症例を自ら執刀医として経験することが出来ます。一次救急も行っておりますので、救急患者への対応も指導医とともに早期から経験できます。

研修内容(1~3ヶ月間)

臨床実地において担当患者さんの診療、治療を行うことが基本的な研修内容ですが、カンファランスにおける症例発表、さらには脳外科関連学会での発表を経験する機会を積極的に設けており、研究者としての基本を身につける大切な研修の一つとして位置づけています。

到達目標

(1)一般目標(GIO)
脳血管障害、脳腫瘍を中心とした、脳神経外科領域主要疾患の病態把握と治療方針の理解。全科に共通して必要となる全身管理の方法を理解し実践する。

(2)個別目標(SBO)
治療手技面では中心静脈ライン確保、気管内挿管手技の習熟、慢性硬膜下血腫やドレナージ術といった局所麻酔下手術手技の体得。

週間スケジュール

午前 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前7時45分:入院・退院・手術症例検討会、手術、病棟処置など 午前7時45分:症例検討会(脳卒中カンファ;神経内科と合同)、病棟処置など 午前7時45分:入院・退院・手術症例検討会、手術、病棟処置など 手術、病棟処置など 午前7時45分:入院・退院・手術症例検討会、手術、病棟処置など
午後 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
手術、病棟処置など 教授回診、抄読会、術前・術後検討会、放射線治療カンファ、リハビリカンファ(隔週) 手術、病棟処置など 手術、病棟処置など 手術、病棟処置など

研修協力病院

自治医科大学附属病院さいたま医療センター、国際医療福祉大学病院、佐野厚生総合病院、協和中央病院、藤井脳神経外科病院、とちぎメディカルセンター下都賀病院、東京臨海病院、新小山市民病院、芳賀赤十字病院、古河赤十字病院、春日部中央総合病院、国際医療福祉大学塩谷病院、JCHOうつのみや病院

経験できる症例

腫瘍:神経膠腫、髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫、頭蓋底腫瘍など
血管障害:脳出血、くも膜下出血、脳動静脈奇形、もやもや病、脳梗塞など
機能的外科:難治性てんかん、パーキンソン病、顔面痙攣、三叉神経痛など

指導医からのメッセージ

脳神経外科を究めたい、脳神経外科の手術手技を習得したい、脳卒中、脳腫瘍、血管内治療やてんかん外科などのサブスペシャリティーを確立したい、などなど、脳外科専門医を目指すみなさんのニーズに細かに対応していきたいと考えています。われわれと一緒に勉強してみませんか。また、研修する機会は二度とないので一度くらい研修しておこうという方、友人が研修するので一緒にやってみようかなという方、動機はいずれでもウェルカムです。多数のお申し込みをお待ちしております。

このページのトップへ戻る