1. トップページへ戻る
  2. 初期臨床研修
  3. 各科初期研修カリキュラム
  4. 神経内科

各科初期研修カリキュラム

神経内科

自治医科大学神経内科の目指すところは、最高レベルの診療の実施、神経内科若手医師の育成、最先端の臨床神経学的研究の遂行です。この3つはそれぞれが孤立して行われるのではなく、互いに有機的な関連を持って実施されるのが理想です。神経内科診療を通して新たな研究テーマを見出し、研究成果が診療に反映される、そしてこのような活気有る環境の中で若手神経内科医師が育ち、より優れた診療と研究を発展させていく、という良循環が生まれることを目指しています。

指導医(人数) 日本内科学会指導医4名 日本神経学会指導医3名
専門医(人数) 日本内科学会総合内科専門医3名 日本神経学会神経内科専門医6名 日本脳卒中学会専門医2名
指導医・専門医(氏名) 藤本 茂(主任教授)松浦 徹(教授)小出玲爾(准教授)嶋崎晴雄(学内准教授)益子貴史(助教)松薗 構佑(助教)小澤忠嗣(病院助教)金 蓮姫(病院助教)

研修概要

脳血管障害から神経難病まで多数の症例を経験し、神経疾患診療の基本的知識と技術を身に付けることを目指す。また、最先端の臨床神経学的研究に参加することも可能。

研修内容(1~3ヶ月間)

意識障害、めまい、頭痛の鑑別などの基礎知識、神経学的診察、脳脊髄画像の読影、腰椎穿刺などの基本手技、脳梗塞急性期治療、抗てんかん薬、抗パーキンソン病薬の使用法など。

到達目標

(1)一般目標(GIO)
病歴聴取、一般内科学的診察に加え、正確な神経学的所見が取れる。さらにその神経学的所見から病巣部位を同定し、鑑別疾患を挙げられる。


(2)個別目標(SBO)
適切な検査がオーダーできる。急性期の脳血管障害の治療と全身管理ができる。腰椎穿刺が施行できる。

週間スケジュール

午前 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
病棟

病棟
7:45より脳血管障害カンファレンス(脳神経外科と合同)

病棟 病棟 病棟
午後 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日

病棟 
16:00より脳血管障害カンファレンス、
18:30より医局会

病棟

病棟
15:00よりチャートラウンド、
病棟回診

第2木曜日 16:00より神経放射線カンファレンス(放射線科と合同) 病棟

研修協力病院

新小山市民病院、芳賀赤十字病院、古河赤十字病院、佐野厚生総合病院、上都賀総合病院、等

経験できる症例

脳梗塞、髄膜炎、脳炎、パーキンソン病、アルツハイマー病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋ジストロフィー、片頭痛、てんかんなど。

指導医からのメッセージ

一般内科医としての基礎的研修、および神経内科の初期研修の場として、きめ細かなサポート体制で取り組んでゆきます。

このページのトップへ戻る