1. トップページへ戻る
  2. 初期臨床研修
  3. 各科初期研修カリキュラム
  4. 小児外科

各科初期研修カリキュラム

小児外科

小児外科教室員(2015.4).jpg自治医科大学小児外科は、自治医科大学とちぎ子ども医療センターを中核とした高度な小児外科医療を提供するとともに、栃木県をはじめとした北関東の地域中核病院との連携のもとに、北関東全体の小児外科医療を支えています。

指導医(人数) 1名
専門医(人数) 4名
指導医・専門医(氏名) 小野 滋(指導医・専門医)柳澤 智彦(専門医)馬場 勝尚(専門医)薄井 佳子(専門医)

研修概要

3ヶ月間で主要小児外科疾患のほぼすべてが研修出来る。 

研修内容(1~3ヶ月間)

入院/診断・治療計画/術前管理/手術/術後管理/退院計画のすべての流れが理解できる。
研修終了時には小児の外鼠径ヘルニア手術を執刀できるまでに研修してもらいます。

到達目標

(1)一般目標(GIO) 
主要小児外科疾患の診断・治療・予後について理解できる。

(2)個別目標(SBO)
1)小児外科臨床上の疑問点を解決するための情報を収集して評価し、当該患者への適応を判断できる (EBM の実践ができる)
2)自己評価及び第三者による評価を踏まえた問題対応能力の改善ができる
3)小児外科における臨床研究や治験の意義を理解し、研究や学会活動に関心を持つ
4)自己管理能力を身に付け、小児外科における基本的診断能力の向上に努める

週間スケジュール

午前 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
病棟カンファレンス/病棟業務・外来 病棟カンファレンス/手術 病棟カンファレンス/抄読会/外来・病棟業務 病棟カンファレンス/病棟業務・外来 病棟カンファレンス/手術
午後 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
術前患者入院診察/画像診断カンファレンス/病棟カンファレンス/周産期カンファレンス 手術/病棟カンファレンス 病棟業務・外来・消化管機能検査/病棟カンファレンス 造影検査・術前入院患者診察/病棟カンファレンス 手術/病棟カンファレンス

研修協力病院

兵庫県立こども病院、京都府立医科大学、他近隣の小児外科施設とはすべて協力体制が可

経験できる症例

年間約500例の症例のうち、小児腹部外科疾患、小児呼吸器外科疾患、ヘルニア関連疾患、小児泌尿器関連疾患、新生児外科疾患、小児外傷など幅広く経験できます。

指導医からのメッセージ

自治医科大学小児外科は、−こどもにやさしい、世界トップレベルの小児外科医療を提供する− を掲げて、手術技術のみならずアカデミックマインドを兼ね備えた人材の育成をめざしています。小児医療に興味のある人は是非研修に参加して下さい。

このページのトップへ戻る