1. トップページへ戻る
  2. よくある質問

よくある質問

Q学閥がない(卒業生が残らない)と聞きましたが?
A自治医大生は、卒業後は出身県に戻り、決められた期間出身県での勤務をします。(いわゆる義務年限)。このため、附属病院の初期研修医は全て他大学出身で、これまでに全国56大学から集まっています。(2011年度~2017年度実績)
Q研修医用の宿舎があると聞きましたが?
A大学病院敷地内にレジデントハウスを用意しています(2012年完成)。家賃は駐車場(1台分込)で11,000円/月。部屋はワンルームマンション形式で、その他にトレーニングルームや大浴場、コインランドリーなどを完備しています。管理人も24時間常駐しておりますので、女性にも安心です。宅配便の受け取りにも対応します。
Q当直の回数はどれくらいですか?
A月に平均2~3回です。病棟当直と、救急外来の当直があります。原則として当直の翌日は、午後の勤務を免除します。
Q入局先に迷った場合、2年目の研修はどのようにしたら良いですか?
A候補となる診療科を2年目の前半に回ることをお奨めします。第一希望に考えている診療科を最優先に、ローテーションを組むようにしています。
Q初期研修中に妊娠・出産した場合、2年間で初期研修を修了することはできますか?
Aもちろん可能です。 研修期間(2年間)を通じた休止期間の上限は90日まで認められています。 実際に初期研修中に出産し、2年間で研修を修了した女性研修医もいます。出産前後のローテーションはご本人の希望を最大限尊重します。
Q初期研修修了後の進路について教えて下さい
A当院では、70%~80%の初期研修医が専門医研修に進みますが、各診療科における専門医研修の他、地域医療プログラムや国内外への留学、大学院進学など、進路は多様です。自治医科大学附属病院の特性を生かした選択肢となっています。
faq_img01.gif
このページのトップへ戻る