1. トップページへ戻る
  2. 病院紹介
  3. 卒後臨床研修センター長からのメッセージ

病院紹介 卒後臨床研修センター長からのメッセージ

卒後臨床研修センター教授

自治医科大学は地域医療に貢献する医師を育てる使命があり、その理念が附属病院にも根付いています。そのため大学病院としての役割だけでなく、地域医療の拠点としても重要な役割を担っており、一次医療から三次医療まで幅広い診療を行っているのが自治医科大学附属病院の特徴です。そのため、大学病院ならではの疾患だけでなく、いわゆる一般病院でよく遭遇する疾患まで経験できます。

また、自治医科大学の卒業生は、基本的に附属病院に残らず出身県で初期研修を行うため、学閥がなく自由な雰囲気のなかで研修を行うことができます。また、自治医科大学附属病院では、現在の臨床研修制度が始まる前からローテーション方式の研修制度をとっており、各科でのローテーターへの指導法が確立しているため、初期研修には最適の環境といえるでしょう。

その他、メディカルシミュレーションセンターや先端医療技術開発センターを有効に活用し手技等に習熟し、全科の優れた講師陣によるセミナーの開催により効率よく知識の習得ができます。さらに、大学病院というアカデミックな環境を生かし、学会発表や論文作成などの学術的活動も積極的に支援しています。

新専門医制度も始まり、卒後臨床研修センターでは後期研修に対する支援も強化しました。さらに、自治医科大学医学教育センターの支援を受け、今年度より国家試験合格への支援も行っていくこととしました。医師国家試験から専門医取得まで、研修生活のみならず、医師としてのキャリアを応援していく体制が整いました。医師としての人生を充実させられるよう日々努力していきますので、ぜひ一緒に切磋琢磨していきましょう。

卒後臨床研修センター長 山本真一

このページのトップへ戻る