1. トップページへ戻る
  2. 新着情報
  3. 第5回 研修医の声

新着情報

第5回 研修医の声

watanabe.jpg自治医大での研修も、はやいものですでに1年がたとうとしています。
学生とは違い治療方針の決定に実際に関わりその経過を診ることができ、とても満足しています。
一人の患者様から学べる情報は非常に多く、common diseaseから稀な疾患まで合併している場合、何倍もの勉強になります。一般的な病気から専門的な知識が必要な病気が診られること、また、将来のビジョンが決まらない自分にとってより多様な世界をみたいと思い大学病院を研修先として選びました。
4月から呼吸器外科、アレルギーリウマチ科、内分泌科、消化器内科とローテートしましたが、それぞれの科でそれぞれの形で先生方が熱心に指導してくださり、科ごとにカンファレンスも日常業務の仕方も異なり色々と勉強になりました。また、丁寧な指導のもとで地方会での発表をさせて頂けたことは、とても貴重な経験となりました。
自分の未熟さに不安になることも多々あり落ち込む日々ですが、同期やお世話になった先生方に助けられ絆の大切さを感じています。
山形大学出身  研修医2年目  渡部 茉莉
 
 
第4回研修医の声第6回研修医の声
このページのトップへ戻る